XM口座開設方法をイチから解説します【令和元年最新版】

XMの口座開設方法を最初の手順から解説します

海外FX業者であるXMの口座開設方法を最初から詳細に解説します。

XMの口座開設の申し込みにかかる時間は最短5分程度。

本人確認書類や住所確認書類の提出は、XMに口座開設の申し込みをした後でも大丈夫です。

とりあえずXMに口座開設して、あとで書類を提出しても全く問題ありません。

私がXMに口座開設した際に迷った点についても正しい手順と入力方法を解説しますのでご活用ください。

今なら3000円ボーナスがもらえる!

 → 最短5分!XMに口座開設する!

XM口座開設方法

早速、XMの公式サイトに行って口座開設を始めましょう!

>>XMの公式サイトはこちらです

XM公式サイトを日本語表示にする

もしも英語のページが表示されたら、ページ右上にあるメニューから「日本語」を選択すると、日本語のページが表示されます。XM公式サイトを英語から日本語に

名前や取引口座詳細などを登録

『リアル口座の登録1/2』では、XMの口座開設に必要な個人情報を登録します。

すべてアルファベットで入力します。日本語ではエラーが出ますのでご注意ください。

XM口座開設フォーム1

『個人情報』入力の注意点

下のお名前アルファベットで自分の名前を入力します
(例 Taro)
アルファベットで自分の名字を入力します
(例 Yamada)
居住国自分の住んでいるを選択します(例、Japan)
希望言語使用したい言語を選択します(例、日本語)
電話すでに入力されている”+81″の後に、自分の電話番号を、最初の”0″を抜かして入力します(例、+819043218765)
Eメール使用するメールアドレスを入力します(例、xxxxx@outlook.jp)

『取引口座詳細』入力の注意

取引プラットフォームタイプトレードで使用したいプラットフォームを選択します(MT4とMT5、どちらが良いかは、下の解説をお読みください)
口座タイプ

希望する口座タイプを選択します(口座タイプについては、下の解説をお読みください)

MT4とMT5、どちらが良い?

MT4は『自動売買』や『オリジナル・インジケーター』を使いたい方向け
MT5は、MT4より細かなチャート分析をしたい方向け

●MT4
・利用者が多いので情報も多い
・追加できるオリジナル・インジケーターの種類が多い
・自動売買で使うEAはMT4専用のものが大半
●MT5
・MT4より機能が豊富(利用できる時間足が21種類。なお、MT4は9種類)
・メモリの使用量が多いが、その分、MT4より動作が速い

『口座タイプ』の違いについて

XMの口座タイプは以下の違いがありますが、迷ったら『スタンダード口座』がおすすめです。『Zero口座』はボーナスが貰えません。『スタンダード口座』と『マイクロ口座』はボーナスが貰えます。

『スタンダード口座』と『マイクロ口座』の違いは保有できるポジション数で、『スタンダード』は1,000~500万通貨単位、『マイクロ』は10から10万通貨単位です。

長く使うことを考えると、1,000通貨単位から取引できて、大きなポジションも持てる『スタンダード口座』がおすすめです。

>>XMの口座タイプについては、こちらの記事で詳しく解説しています

入力したら、「ステップ2へ進む」ボタンを押します。

住所や詳細情報などを登録

『リアル口座の登録2/2』では、住所や取引口座情報などを登録します。

アルファベットで入力する部分と、日本語で入力する部分とがありますのでご注意ください。

ここで登録する住所は、この後でXMに提出する本人確認書類に記載されている住所と同じである必要があります。

XM口座開設フォーム2-個人情報と住所詳細-

『個人情報』と『住所詳細』入力の注意点

●個人情報

下のお名前

全角カナで自分の名前を入力します
(例 タロウ)

全角カナで自分の名前を入力します
(例 ヤマダ)
生年月日自分の生年月日を選択します

●住所詳細

都道府県・市アルファベットで、「市区町村, 都道府県」の順に入力します
(例 『東京都千代田区』の場合、Chiyoda-ku, Tokyo)
区町村・町名アルファベットで入力します
(例 『永田町』の場合、Nagata-tyou)
番地・マンション/アパート部屋番号「#部屋番号, アパート名, 番地」の順でアルファベットで入力します。文字数制限があり、15文字以内で入力する必要があります。なお、アパート名は省略可能です
(例 #101, 1-1-1)
郵便番号ハイフン不要です(例 1000014)
納税義務のある米国市民ですか?アメリカ人以外は「いいえ」を選びます

次に、XMで使用する取引口座の詳細を選択します。

XM口座開設フォーム2-取引口座詳細-

『取引口座詳細』入力の注意点

口座の基本通貨ここで選択した通貨で「口座残高」が表示されます
レバレッジ希望するレバレッジを選択します(例、888倍なら1:888)
口座ボーナスはい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択しましょう
レバレッジは、口座開設後にXMの会員ページで変更することができます。

XM口座開設フォーム2-投資家情報-

『投資家情報』入力の注意

ご自分の情報に基づいて選択します。

投資額(USD)『0 – 20,000ドル』を選択します。これ以外だとレバレッジが制限されるので注意してください
取引の目的および性質

例:『投資』

雇用形態ご自分の雇用形態を選択します
学歴ご自分の最終学歴を選択します(大卒なら『学士』を選択します)
所得総額年収をUSドルに換算して選択します(おおよその金額で大丈夫です)
純資産純資産額をUSドルに換算して選択します(おおよその金額で大丈夫です)

次に、XMの会員ページや取引システム(MT4/MT5)にログインするのに必要な口座パスワードを登録します。

XM口座開設フォーム2-口座パスワードと確認-

口座パスワード

パスワードには、英語の小文字、英語の大文字、数字の3種類を含める必要があります。

確認

利用規約などを確認して、チェックを入れましょう。

すべての入力・選択・チェックが終わったら、『リアル口座開設』ボタンを押します。

XMからの口座開設メールを確認

登録したメールアドレス宛にXMから口座開設の確認メールが届きます。

XMから口座開設の確認メールが届かない場合は『迷惑メールフォルダ』も確認してみてください。

XMからの口座開設確認メール

『Eメールアドレスをご確認下さい。』ボタンを押します。このボタンの有効期間は24時間です。有効期間を過ぎてしまうと最初からやり直しになってしまうのでご注意ください。

XMから別のメールが届きます。

XMからの口座開設確認メール-2通目-

XMの会員ページへのログインIDが記載されていますので、なくさないようにして下さい。

『会員ページへログインしよう』ボタンをクリックすると、ログイン画面に飛びます。

メールに書かれているログインIDと、口座開設時にご自分で設定したパスワードを使ってXMの会員ページにログインしましょう。

XMからマイナンバーの提出を求められても、今のところは、提出する必要はありません。
>>XMがマイナンバーの提出を求める理由など、詳しくはこちらの記事で解説しています

有効化してXM口座開設を完了する

XMでは口座開設しても有効化しないと出金できないので、必ず有効化してください。

XMの会員ページにログインすると、以下のような注意書きが表示されています。

XMに開設した口座を有効化する

もしも上の図のような表示がない場合は、XM会員ページの上の方にあるメニューから『口座』をクリックしてください。すると、表示されるメニューの中に『書類をアップロードする』がありますので、そこから本人確認書類などを提出できます。

開設した口座を有効化するために、XMに本人確認書類を提出する必要があります。

なお、本人確認書類の提出は、金融取引業者に義務付けられています本人確認書類の提出を求めてこない業者の方が怪しいと考えて下さい。

『身分証明書』と『住所確認書』について

●身分証明書の種類(以下のうち1つを提出)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

【ご注意】必ずフルカラーのものを提出して下さい。なお、文字が読み取れれば、スキャナーで取り込んでも、スマホやデジカメ等で撮っても構いません。

●住所確認書(以下のうち1つを提出)

  • 公共料金の請求書/明細書(名前と住所が書かれた部分。6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 健康保険証
  • 住民票(6ヶ月以内に発行されたもの)

本人確認書類を提出すると、1日~数日中に開設した口座が有効化されます。

これで、XMの口座開設手続きが完了しました。

口座開設フォームで登録した住所と、住所確認書の住所とが異なる場合
ご自分のXM会員ページから『間違った住所で登録してしまった』とXMに連絡すれば、修正手続きをしてもらえます。
間違えても丁寧に対応してもらえますし、もちろん、日本語でOKです。
>>XMへの問い合わせ方法はこちらの記事で詳しく解説しています

なお、XMからもらえる3000円の口座開設ボーナスは申請しないと受け取れません。

口座開設ボーナスの申請方法は以下の記事で解説していますので、ぜひご確認ください。

>>XMの3,000円ボーナスのもらい方

今なら3000円ボーナスがもらえる!

 → 最短5分!XMに口座開設する!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました