XMの口座が休眠・凍結になる条件~手数料が取られるので要注意~

XMの口座が休眠・凍結される条件

XMに限らずどこのFX業者でも、使われていない口座は凍結や休眠させられてしまいます。

XMの場合、休眠口座に指定されると、それまで発生しなかった「口座維持手数料」が発生してしまいます。

では、XMではどのような条件で休眠口座・凍結口座になってしまうのでしょうか?

今回の記事では、XMのリアル口座が休眠・凍結口座になってしまう条件についてまとめます。

スポンサーリンク

XMのリアル口座が「休眠口座」になる条件

まず、休眠口座になる条件です。

  • 口座に残高がある
  • 90日間トレードしていない
  • 90日間入出金していない

この場合、休眠口座になります。

XMでは休眠口座には維持手数料がかかります。

口座に残高がある限り、毎月5USドルの手数料が残高から引かれていきます。

口座の残高がなくなると、凍結口座になってしまいます。

凍結口座になると復活できないので注意しましょう。

なお、休眠口座の状態であれば、ログインして1回でもトレードを行えば、休眠状態を解除することが出来ます。

休眠口座には毎月5USドルの維持手数料がかかってしまう

スポンサーリンク

XMのリアル口座が「凍結口座」になる条件

では、凍結口座になる条件はどうでしょう。

  • 口座に残高がない
  • 90日間トレードしていない
  • 90日間入出金していない

休眠口座になる条件と異なるのは「口座に残高がない」という項目です。

XMでは、凍結口座を復活させることは出来ません。

ただし、一人で8口座まで開設できるので、新しい口座を開設すればトレードを再開することが出来ます。

口座が凍結されるとMT4やMT5にもログインできなくなります

 口座が休眠・凍結された場合のボーナスの取り扱いについて

XMには、口座開設ボーナスや入金ボーナスがあります。

口座を開設された方は、受け取った方も多いのではないでしょうか?

XMでは、口座が休眠・凍結されると、このボーナスは消滅します。

いったん消滅してしまったボーナスは復活しませんので要注意です。

口座を休眠・凍結されないために

では、休眠・凍結されないようにするには、どうしたらよいのでしょうか?

答えは単純です。

「90日以内にトレードすること」

「90日以内に入出金すること」

この2つです。

なお、口座間での資金移動は入出金とみなされないので注意が必要です。

一番簡単なのは、最小取引単位でいいのでトレードをすることです。

90日以内に1回でもトレードすれば休眠・凍結されないのですから、ちょこっと1回トレードしておけば休眠・凍結を防ぐことが出来ます。

最後に

「もうXMではトレードしない」というのであれば、必ず出金しておきましょう。

口座に残高があると、休眠口座になって、残高から手数料が引かれます。

最終的に残高がゼロになるまで引かれますので、出金しておかないともったいないです。

また、休眠・凍結されると、せっかくもらったボーナスも消滅してしまうので注意しましょう。

error:Content is protected !!