XMなどの海外FXの税金は?国内FXとどっちがお得なの?

税金

こんにちは。

今日は、XMなどの海外FXを利用した際の税金についてまとめます。

海外FXと国内FX。

同じFXでも税金は異なります。

レバレッジの高さが魅力のXMなどの海外FX。

XMなどの海外FXに比べるとレバレッジが低い国内FX。

では、税金は?

スポンサーリンク

どちらが良いですか?

まず、結論から書きますと、XMなどの海外FXは、利益が多くなればなるほど税金も高くなります。

「なんだ。じゃあ、国内FXの方が良いじゃないか」

そう思われるかもしれませんが、ここで少し考えてください

FXで投資をしている人が、借金を背負って自殺した、なんて話を聞いたことはありませんか?

これは「追証」が発生したためです。

予期せぬ大きな値動きが発生して、口座残高がゼロどころかマイナスになってしまう。

FXはレバレッジが効いていますから、借金の金額も相当なものになります。

でも、この「追証」って、XMなどの海外FXでは発生しないのです。

海外FXでは、「ゼロカットシステム」というシステムが当たり前になっています。

ゼロカットシステムとは、予期せぬ値動きで追証(借金)が発生してしまった場合、追証(借金)分をゼロにしてくれる、夢のようなシステムです。

つまり、ゼロカットシステムを採用している海外FX業者で投資をすれば、最悪の場合でも、口座に入金した投資金を全て失うだけで済むのです。

残念ながら、国内FX業者は、このゼロカットシステムを採用していません

追証(借金)が発生したら、しっかり取り立てられます

ここで、少し考えてください。

税金は高いけど、ゼロカットシステムのお陰で追証(借金)が発生しない、海外FX業者。

税金は安いけど、追証(借金)はしっかり取り立てられる、国内FX業者。

どちらが良いかの判断は、おまかせします。

スポンサーリンク

XMなどの海外FX業者の税金

国内FXの税金は、2037年12月31日まで、一律20.315パーセント(復興特別税を含む)です。

これに対して、XMなどの海外FXの税金は、年間利益額によって異なります。

利益額税率(復興特別税を含まない)
195万円以下15%
195万円超~330万円以下20%
330万円超~695万円以下30%
695万円超~900万円以下33%
900万円超~1,800万円以下43%
1,800万円超~50%

さらに、復興特別税がかかります。

実際には、以下のように分けることが出来ます。

年間利益が330万円以下の場合、海外FXの方が税金が安い

年間利益が330万円を超える場合、海外FXの方が税金が高い

年間利益が330万円を超えるかどうかが、大きな判断基準になります。

損失の繰越はできるの?

海外FXの税金は、総合課税(雑所得)になります。

残念ながら、損失の繰越はできません

また、国内FXと海外FXは、損益通算をすることが出来ません

つまり、「国内FXでは利益が出た。でも海外FXでは損をしてしまった」「国内FXでは損をしてしまった。でも、海外FXで利益が出た」という場合、どちらの場合も、損益通算をすることが出来ません。

国内FXは国内FX、海外FXは海外FX、という具合に、別物として扱わなければいけないのです。

結局、どっちがお得なの?

国内FXと海外FX。

どちらがお得かは、何を重要と考えるかによって異なります。

まず、年間利益が330万円以下なら、海外FXの方がお得です。

では、年間利益が330万円を超える場合はどうでしょうか?

ここで重要になるのが、先程も出てきた「ゼロカットシステム」です。

税金は高いけど、ゼロカットシステムがある、つまりは追証(借金)が発生しない海外FX。

税金は安いけど、ゼロカットシステムがない、つまりは追証(借金)が発生する国内FX。

一つの例として、このような使い分けができます。

まず、海外FXで330万円を稼ぎます。

年間利益が330万円を超えたら、税金の安い国内FXに切り替えます。

または、年間利益が330万円を超えても、海外FXで、追証(借金)が発生しない安心感を持ってトレードを続けるという選択肢もあります。

私は、追証(借金)が発生しないというのは非常に大きな安心感をもたらしてくれるので、海外FXの方が好きです。

税金に重点を置くのか、追証(借金)に重点を置くのか。

どちらが良いかの結論は、人それぞれだと思いますので、おまかせします。

error:Content is protected !!