XMでの住所変更・メールアドレス変更方法

XMに登録した住所・メールアドレスの変更

XMに口座を開設したあと、住所やメールアドレスが変更になった場合はどうしたら良いのでしょう?

「引っ越したので住所変更したい」

「最初に登録したメールアドレスとは別のアドレスでXMからのメールを受信したい」

では、XMの場合、変更手続きはどうやって行えばよいのでしょうか?

今回の記事では、XMでの住所変更・メールアドレス変更の方法を解説します。

スポンサーリンク

XMでの住所変更手続き

まずは住所変更の手続きについて解説します。

必要書類

住所変更の手続きをするにあたって、XMに新しい住所が記載された住所確認書類を提出する必要があります。

XMに新規で口座を開設したときと同様に、以下の書類のコピーが必要になります。

●住所確認書(以下のうち1つを提出)
1. 公共料金の請求書/明細書(名前と住所が書かれた部分。6ヶ月以内に発行されたもの)
2. 健康保険証(使用期限内のもの)
3. 住民票(6ヶ月以内に発行されたもの)

XMに住所変更の連絡をする

住所確認書類の用意ができたら、XMに連絡します。

連絡は、XM会員ページから行います。

>>XM会員ページはこちらからどうぞ

XM会員ページにログインすると、上部に表示されているメニューの右の方に『サポート』という項目があります。

XMサポートメニュー

この『サポート』をクリックすると、XMに問い合わせをするための入力フォームが表示されます。

XM住所変更フォーム

部門を選択

住所変更の場合は、『有効化』を選択します。

件名

住所変更についてであることが分かる件名にします。

内容

変更前の住所と変更後の住所を両方書いておくと親切です。なお、口座開設したときと同じように、住所はローマ字で書いてください。

リクエスト送信

間違いがないことを確認したら、最後に『リクエスト送信』ボタンを押します。

送信後の手続き

問い合わせフォームから住所変更について連絡すると、XMから、その後の手続きについて連絡があります。

XMからの指示に従って、新しい住所確認書類の提出などを行ってください。

なお、住所確認書類の提出も、XM会員ページから行えます。

会員ページ上部のメニューにある『口座』をクリックすると、『書類をアップロードする』という項目が表示されます。その『書類をアップロードする』をクリックすると、住所確認書類の提出ページが表示されます。

XMからのメールは、たまに『迷惑メールフォルダ』に振り分けられてしまうことがあります。
返答が遅い場合には、ご自分の迷惑メールフォルダもご確認ください。

スポンサーリンク

XMでのメールアドレス変更手続き

続いて、メールアドレスの変更手続きについて解説します。

XMにメールアドレス変更の連絡をする

メールアドレス変更についての連絡は、XM会員ページから行います。

>>XM会員ページはこちらからどうぞ

XM会員ページにログインすると、画面右上のあたりにに『サポート』という項目があります。

XMサポートメニュー

この『サポート』をクリックすると、XMに問い合わせをするための入力フォームが表示されます。

XM住所変更フォーム

部門を選択

メールアドレス変更の場合は、『有効化』を選択します。

件名

メールアドレス変更についてであることが分かる件名にします。

内容

以下の内容を記載してください。

  • 以前のメールアドレス
  • 新しいメールアドレス
  • ご自分の口座番号
  • お名前
口座番号は、口座を開設した際にXMからのメールに書かれていたIDのことです。
会員ページにログインする際などに使っている番号です。

リクエスト送信

間違いがないことを確認したら、最後に『リクエスト送信』ボタンを押します。

最後に

XMにとって、顧客の住所などの情報を把握しておくことは、法令に定められた義務です。

XMに登録した住所やメールアドレスの変更は、メールで簡単に行うことができます。

手続き自体は簡単ですので、後に問題になって面倒なこと(入出金が出来なくなるなど)が発生しないよう、変更の連絡はキチッと行っておくことをお勧めします。