XMで2段階認証を設定する方法

XMの2段階認証を設定する方法

XMでは、2段階認証を設定することが出来ます。

2段階認証というと、ログイン時の本人確認のために使われることが多いのですが、XMの場合は異なります。

XMでは、ログイン画面からパスワードを再設定する際に2段階認証することが求められるのです。

悪意のある第三者に勝手にパスワードを変更されないために、XMを利用している方は、2段階認証を設定することをお勧めします。

今回の記事では、XMでの2段階認証の設定方法を解説します。

スポンサーリンク

XMで2段階認証を設定しよう

XMで2段階認証を設定するために、まずは、自分の会員ページにログインします。

ログインしたら、メニューの中から「2段階認証」を選択します。

XMメニューから2段階認証を選択

2種類の2段階認証

次に表示される画面で、2種類の2段階認証方法からどちらの方法を選ぶかを選択します。

XMの2段階認証方法を選択する

XMでは、2段階認証の方法として、「セキュリティ質問」「OTP認証」の2種類から選択することが出来ます。

セキュリティ質問とは?

セキュリティ質問は、「質問」と「回答」の2種類を設定しておくことで、セキュリティを高める方法です。

セキュリティ質問

「どの質問を選んだか」と「回答」を何処かにメモするなどして保存しておく必要があります。

このセキュリティ質問は、「あなたのことを知っている人なら割と簡単に突破することが出来るので」あまりお勧めできません。

あなたの知り合いではなくても、あなたの個人情報を手に入れた悪意のある第三者が存在するかもしれないことを忘れないでください。

OTP認証

OTPは、「ワンタイムパスワード」による2段階認証の方法です。

Google Authenticator(グーグルの2段階認証アプリ)やAuthyといった、Android端末やiPhoneなどで使える2段階認証用のアプリを使用します。

OTP認証画面

2段階認証用のアプリに、このXMの管理ページに表示されている文字列を入力するか、表示されているQRコードを読み取ります。

アプリに2段階認証用のコード(6桁の数字)が表示されるので、それを「コードを入力」に入力して、「有効にする」ボタンを押します。

OTP認証の場合、この管理ページに表示されている文字列(アプリに入力した文字列)を保存しておくことをお勧めします。保存しておかないと、アプリを入れたスマホを機種変する時などに、いちいちXMに問い合わせたり、アプリの移行処理をする必要が出てきます。なお、文字列は、アプリを入れたスマホとは別の所に保存してください。
スポンサーリンク

まとめ

セキュリティ強化のために、2段階認証を設定しておくことをお勧めします。

XMでは、「セキュリティ質問」と「OTP認証」の2種類から選ぶことが出来ます。

お勧めは「OTP認証」です。

2段階認証用のアプリに入力した文字列(XMの管理ページに表示されている文字列)は、2段階認証用のアプリがインストールされたスマホとは別の所に保存しておいてください。

なお、保存した文字列は、誰にも見られないように保存するようにしてください。

こちらの記事もどうぞ

XMの口座開設方法!手順をイチから解説します!
海外FXでトップレベルの人気を誇る、XMの口座開設方法を解説します。 特にエラーなどが発生しなければ、XMの口座開設の申込みにかかる時...
XMの無料ウェビナー(ウェブセミナー)がすごい!
日本人にも大人気の海外FX業者”XM"には、無料で視聴することが出来るウェビナー(ウェブセミナー)があります。 XMの会員じゃなくても...
スポンサーリンク

シェア/フォローして頂き、ありがとうございます