XMなら自動売買も無料で可能!VPSが無料で使える条件は?

XMなら自動売買を無料でできる

XMではEAを使った自動売買を無料で行なえます。

通常、EAで自動売買をするにはお金を払ってVPSをレンタルします。

XMなら、条件を満たせば、VPSを無料で借りて自動売買を始めることができるのです。

この記事では、XMで自動売買をする際のお勧め設定と、自動売買を無料で行うための条件について開設します。

スポンサーリンク

XMで自動売買する際のお勧め設定

XMでは1アカウントで8つまで口座を持てます。1つの口座は裁量トレード用、もう1つの口座は自動売買用などと使い分けることも可能です。

すでに1つの口座を有効化しているなら、あとはXM会員ページから申請すれば、すぐに追加口座を持つことできるのです。

追加の口座を申請する際は書類を提出する必要がありません。申請フォームに入力して送信するだけです。

>>XMの会員ページはこちらです

XM会員ページにログインすると、『追加口座を開設する』というボタンがあります。

このボタンを押すと、追加口座を申請するためのフォームが表示されます。

MT4とMT5、どっちが良い?

取引プラットフォームのMT4とMT5は、どちらを選ぶべきでしょうか?

XMで自動売買するなら、断然MT4です。と言うのも、自動売買で使用するEAの大半がMT4専用なのです。

MT5を選択してしまうと、使用できるEAの数が圧倒的に減ってしまいます。

自動売買用の口座は、MT4を選択してください。

Zero口座かスタンダード口座で

XMで自動売買するには、どの口座タイプを選べば良いのでしょうか?

これは、どのEAで自動売買するかにもよるのですが、EAは全体的に短期売買用のものが多いので、短期売買向けのZero口座がお勧めです。

もちろん、Zero口座ではボーナスがもらえないという欠点があります。

「ボーナスも欲しい」という方は、お使いになるEAがスタンダード口座のスプレッドでも利益を出せることを確認した上で、スタンダード口座を選択するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

XMの自動売買用VPSを無料で使う条件は?

自動売買を行う場合、VPSを用意する必要があります。

VPSは、『自動売買システムを24時間365日、可動させ続けるためのサーバ』です。

もしもご自宅のパソコンを、FXマーケットが開いている間はずっと起動させっぱなしにできるなら、VPSは必要ありません。

ですが、ほとんどの方は、ご自宅のパソコンを起動させっぱなしにはできないと思います。

そこで、VPSを借りるのです。

一般にVPSを借りるためには、1ヶ月に数千円(3千円程度の場合が多いです)を支払う必要があります。

一方、XMでは、条件を満たせばVPSを無料で使うことができます。

その条件は次の2つ。

  • 一ヶ月間の取引量が5ロット(50万通貨)以上
  • 口座に5,000ドル以上の残高がある

なお、条件を満たせなくても、月額28ドルで借りることができます。

XMで自動売買用のVPSを借りる方法

XMでVPSを借りるには、XM会員ページの上部にあるメニューから『口座』を選択して、続いて『VPS』を選択します。

XM会員ページのVPSメニュー

表示される画面でVPSの利用申請をすると、レンタルサーバ業者のbeeksからメールが届きます(2営業日程度で届きます)。

メールにはログインパスワードなどが記載されています。

メールの指示に従って設定すれば、VPSを利用することができます。

最後に~自動売買は1口座1EAで

XMでは、8つまで口座を持てます。

もしも複数のEAを可動させたい場合は、可動させたいEAの数だけ口座を作ってしてください。

1つの口座で複数のEAを可動させてしまうと、EAの動作に不具合が生じる可能性があります。

また、VPSの機能的に、複数のEAの可動に耐えられない場合があります(これは、XMで借りられるbeeksだけでなく、他のどのVPSサービスでも言えることです)。

自動売買は1口座1EAで行うことを確実に守ってください。

こちらの記事もどうぞ

>>XMの口座開設方法を解説します

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました