WordPressの簡単バックアッププラグイン~UpdraftPlus~

スポンサーリンク

バックアップ

こんにちは。

WordPressなどでブログやサイトを運営していく上で欠かせないのがバックアップです。

何かのプラグインをインストールしたらブログデータが消えてしまった。

ブログテーマを更新したらデータが消えた。

ブログがハッキングに遭った。

せっかく苦労して書いたブログの記事データが消えてしまったら、ショックで数日寝込んでしまうかもしれません。

そんなとき、バックアップを取ってあれば、大切なブログを復活させることが出来ます。

今回の記事では、WordPress用の簡単バックアッププラグイン”UpdraftPlus“を紹介します。

UpdraftPlusを使うと、最初に簡単な設定をしておくだけで、後は自動でバックアップを取り続けてくれます。

バックアップデータも、メールに添付したり、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドサービスに自動保存したりすることが可能です。

UpdraftPlusのインストール

まずは、UpdraftPlusプラグインをインストールします。

WordPress管理画面の左メニューから、「プラグイン」メニューにマウスカーソルを合わせて、表示されるメニューから「新規追加」を選択します。

プラグイン新規追加

表示される画面で、右上の方にある「プラグインの検索」と書かれている所に、UpdraftPlus と入力します。

プラグイン新規追加2

UpdraftPlusの右上にある「今すぐインストール」ボタンを押してインストールし、さらに「有効化」ボタンを押して有効化します。

updraftplus1

スポンサーリンク

UpdraftPlusを使って手動でバックアップをとってみる

手動バックアップ

WordPress管理画面の左メニューにある「設定」にマウスカーソルを合わせると、”UpdraftPlus Backups“というメニューが追加されていますので、これをクリックします。

updraftplus2

表示される画面で「今すぐバックアップ」ボタンを押します。

updraftplus3

確認ウィンドウが表示されますので、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。

updraftplus4

バックアップデータを使って復元する

次に、「バックアップ済み」タグを選択すると、バックアップデータを確認することが出来ます。

このバックアップデータを使って復元するためには、「復元」ボタンを押します。

updraftplus5

設定ウィンドウが表示されるので、復元したいデータを選択して、「復元」ボタンを押します。

updraftplus6

なお、作成した各記事のテキストデータは「データベース」に入っています。

また、画像や動画のデータは「アップロードファイル」に入っています。

最後に確認画面が表示されるので、「復元」ボタンを押すと復元が開始されます。

自動バックアップの設定

UpdraftPlusを使えば、決まったタイミングで自動的にバックアップをとることが出来ます。

自動バックアップの設定をするために、「設定」タグを選択します。

バックアップ頻度と保存しておくバックアップファイル数の設定

updraftplus7

ファイルのバックアップスケジュール」という項目では、画像や動画、テーマやプラグインなどのデータをバックアップするタイミングを設定します。

データベースバックアップのスケジュール」という項目では、記事やコメントなどのデータをバックアップするタイミングを設定します。

また、「この多くのスケジュールされたバックアップを保持:」という項目は、サーバ(WordPressがインストールされているサーバ)に保存しておくバックアップデータの数を設定します。

“2”と入力しておくと、過去2回分のバックアップデータが保存されます。

保存先の設定

同じ画面に「保存先を選択」という項目があります。

ここでは、バックアップファイルの外部保存先を設定します。

ブログの規模が小さいうちは、”Email”でも良いですが、規模が大きくなってくると大量のファイルが送られてくるので、DropboxやGoogle Driveなどの無料クラウドドライブサービスを利用することをお勧めします。

なお、Emailを選んだ場合、WordPress管理者のメールアドレス宛にバックアップファイルが送付されます。

Google Driveを選択した場合、”Authenticate with Google:“の項目で、保存先となるGoogle Driveと、現在使用しているWordPressとを結びつけることが出来ます。

updraftplus8

Dropboxなどでも同様の設定項目がありますので、保存先の設定を行ってください。

画面の下の方にある「メールアドレス」のチェックボックスにチェックを入れておくと、Google Driveなどにバックアップファイルを保存した時に、メールで連絡が届きます。

最後に、「変更の保存」ボタンを押すと、設定完了です。

updraftplus9

バックアップデータを使って復元する

先程選択した「バックアップ済み」タグを選択します。

バックアップファイルをアップロード」というリンクテキストがありますので、これをクリックします。

すると、以下のようにバックアップファイルをアップロードするための画面が表示されますので、バックアップファイルをアップロードします。

updraftplus10

アップロードが終わると、「復元」ボタンが表示されますので、先程手動でバックアップをとった後に解説した復元方法と同様に復元することが出来ます。

最後に

データなんていつ消えるか分かりません。

UpdraftPlusを使えば、設定したタイミングで自動的にバックアップを取ってくれるので非常に便利です。

何かあった時の保険のために、UpdraftPlusをお勧めします。

スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます