【運用実績公開】ソーシャルレンディング2017年11月のまとめ

スポンサーリンク

ソーシャルレンディング投資まとめ201711

毎月恒例、ソーシャルレンディングの1ヶ月分のまとめです。

特に動きのなかった11月。

配当が毎月分配されるmaneo(マネオ)とクラウドバンクの2社から、きちっと配当をいただきました。

配当の明細も公開しますので、ソーシャルレンディング投資を考えていらっしゃる方、参考にしてください。

maneo(マネオ)での運用実績

日本のソーシャルレンディング業者の中ではトップに君臨し続けるmaneo(マネオ)。

今月も安定して配当が入金されました。

マネオ配当201711

赤で囲ったところが今月分の明細です。

配当の合計は、1,077円でした。

運用金額の合計は199,749円。

利回り(年利)は、約6.6%です。

maneo(マネオ)の遅延案件が完全決着

ちょっと話が変わりますが、maneo(マネオ)では、今年(2017年)の3月から、返済遅延が発生していました。

融資先の業者が倒産した関係で、投資家たちが投資した資金が返ってくるのかわからない状況になっていました。

この問題が今月、決着しました。

maneo(マネオ)はキチンと仕事をして、投資家には元本と配当が支払われたのです。

ソーシャルレンディングでは、融資先が倒産するというリスクが常につきまといます。

だからこその高利回りなのですが、リスクがあることも把握しておく必要があるでしょう。

今回の遅延問題で、maneo(マネオ)には回収能力もあることが明らかになりました。

遅延は無い方が良いのはもちろんです。

もしも遅延が発生した場合でも、maneo(マネオ)は回収した実績が出来ましたので、結果的に信頼度が上がったと考えています。

>>maneo(マネオ)の遅延金回収についてのお知らせはコチラ

スポンサーリンク

クラウドバンクでの運用実績

ソーシャルレンディング業者の中で数少ない証券会社であるクラウドバンク。

11月の配当は以下の通りとなりました。

クラウドバンク201711明細2

運用金額 99,317円
配当(税引前) 268円
利回り(年利) 3.3%

利回りが少ないのは、配当初月だからです。

投資しているファンドは期待利回り7%弱なので、来月は利回り6%台になることでしょう。

今月のまとめ

ソーシャルレンディングは、お金を預けて、投資するファンドを選択すれば、後は特に何もすることがありません。

放ったらかしで資金が増えていく反面、退屈でもあります。

とは言え、着々と資金が増えているのですから、これは良い退屈なのは間違いありません。

さて、12月は各ソーシャルレンディング業者がこぞってキャンペーンファンドを用意する月です。

キャンペーンファンドは通常のファンドよりも利回りが高く設定されているオトクなファンドです。

ソーシャルレンディング投資をしようか考えている方、12月は絶好の始め時ですよ。

個人的にお勧めなのはクラウドバンクです。

営業開始から3年間が経過して、回収率100%。

1万円から投資できて、配当は毎月分配のファンドがほとんど。

初めてのソーシャルレンディング投資にピッタリの業者です。