【TED】成功の鍵は、やり抜く力

アンジェラ・リー・ダックワース

こんにちは。

IQテストというものがありますよね。

一般に、IQが高ければ頭がよく、低ければ頭が悪い、なんて言われています。

では、IQが低いと判定された人は、成功することが出来ないのでしょうか?

IQが低い人は、学校での成績も悪く、社会に出てもロクな仕事につけず、惨めで悲惨な一生を送るのでしょうか?

今回の記事で紹介するTEDスピーチによると、IQの高低よりも重要なことがあるようです。

動画には日本語字幕がついていますので、英語が苦手な方もぜひお楽しみください。

スポンサーリンク

スピーカーについて

今回、TEDの壇上に上がったのはアンジェラ・リー・ダックワース氏。

ダックワース氏は、経営コンサルとしてキャリアを積み、後に教師となり、学校で数学を教えます。

教師として生徒たちと向き合う中で、IQだけが学業の成否を決定するわけではないことに気づき、さらなる研究を進めるために大学院に入学して、心理学者となりました。

スポンサーリンク

IQだけで成績は決まらない

アンジェラ・リー・ダックワース氏は、27歳の時に経営コンサルを辞め、中学校の教師になりました。

数学の教師として勤務するうちに、あることに気が付きます。

「衝撃を受けたのは、IQだけが優等生と劣等生の違いではないということです(What struck me was that IQ was not the only difference between my best and my worst students.)」

IQが高くても成績の悪い生徒もいれば、IQが低くても成績が良い生徒もいたのです。

数年の教師生活を経て、ダックワース氏は、ある結論にたどり着きます。

教育で必要なのは、生徒について理解することであり、生徒のやる気を引き出すような動機づけを行うことなのです。

この結論にたどり着いたダックワース氏は、教師を辞め、大学院に通い、心理学者になりました。

大切なのは、やり抜く力

ダックワース氏は、何らかの挑戦をしている人々を、大人と子供の区別なく研究し、誰が成功したのか、なぜ成功したのかを調べました。

研究の結果、ある一つの特徴が成功するかしないかを大きく左右していたことがわかったのです。

「それは社会的知性ではありません。ルックスでも身体的健康でもIQでもありませんでした。 やり抜く力です。(And it wasn’t social intelligence. It wasn’t good looks, physical health, and it wasn’t IQ. It was grit.)」

やり抜く力とは、超長期的目標を実現するための情熱、忍耐力、スタミナがあるということです。

「その週だけとか、その月だけではなく、何年もの間、一生懸命に取組み、その夢を実現することです(Grit is sticking with your future, day in, day out, not just for the week, not just for the month, but for years, and working really hard to make that future a reality.)」

やり抜く力を育むには

それでは、やり抜く力はどのように身に付け、伸ばしていったら良いのでしょうか?

やり抜く力を育むのに最も良いのは、「成長思考(growth mindset)」を身につけることです。

「スタンフォード大学のキャロル・ドウェック氏が見出したもので、成長思考とは― 学習する能力は固定しておらず、努力によって変えられる、と信じることです(This is an idea developed at Stanford University by Carol Dweck, and it is the belief that the ability to learn is not fixed, that it can change with your effort.)」

たとえ失敗しても、失敗から学び、成長することができると信じること。

失敗した状態が永遠に続くわけではないと信じること。

この「成長思考」が、やり抜く力を育むためには重要です。

ただし、「成長思考」のみが全てではなく、他の要素についても研究が続けられています。

感想

成功する人は、失敗から学び、成長し、夢や目標を実現するまで進んでいける人なのでしょう。

私も、このブログを始めたことがきっかけで、ブログで成功を勝ち取っている方たちの特徴を調べてみたところ、共通しているのが、努力を継続していること。

結局のところ、学び、試し、修正し、そしてまた学ぶことを継続している方が成功していたのです。

中には運に恵まれた方や、類稀なる才能を発揮される方もいらっしゃいますが、大多数の方は、成功するまでやり抜いている、という印象を持ちました。

ブログに限らず、何かで成功する方は、きっと同じなのでしょう。

失敗したからといってそこで諦めず、学んで進んでいける人が、最後に成功を勝ち取るのでしょう。

こちらの記事もどうぞ

☆記事中で紹介されていたキャロル・ドウェック氏のスピーチです☆
【TED】必ずできる!-未来を信じる「脳の力」-

【TED】必ずできる!-未来を信じる「脳の力」-
こんにちは。 今日は、TEDから、マインドセット(考え方の方向性)が能力の向上にどれだけ重要かを実例を交えて語った、キャロル・S・ドゥエック氏のスピーチ動画をお借りしてきました。 動画内では主に小学生を対象にした研究について語られて...
error:Content is protected !!