【TED】30日で人生を変える~マット・カッツの30日間チャレンジ~

スポンサーリンク

マット・カッツ氏

こんにちは。

今日はTEDから、30日間で人生を変えた男性のスピーチ動画をお借りしてきました。

たった30日で何ができるのか?

30日で人生がどう変わるのか?

何か始めたいことがある人、逆に、何かをやめたいと思っている人。

今回ご紹介するスピーチが、人生を変えるきっかけになるかもしれません。

なお、ご紹介する動画には日本語字幕がついています。

英語が苦手な方もお楽しみください。

登壇者について

今回、TEDの壇上に上がったのは、マット・カッツ氏。

グーグルでエンジニアをしている方です。

スポンサーリンク

30日間チャレンジ

日々の生活にマンネリを感じていたマット・カッツ氏は、あることを思いつきます。

なにか新しいことを30日間試してみる。

人生に取り入れたいと思っていたこと、やめたいと思っていたことを、30日間実行してみることにしたのです。

実際にやってみて、カッツ氏は気が付きました。

「30日というのが、新しい習慣を身に付けたり、ニュースを見るといった何かの習慣を絶つのにちょうど良い長さだということです(It turns out 30 days is just about the right amount of time to add a new habit or subtract a habit — like watching the news — from your life.)」

一生やり続ける、というのでは、始める前から重荷になってしまうかもしれませんが、とりあえず30日だけであれば、軽い気持ちで始めることができそうです。

30日間チャレンジから学んだこと

30日間チャレンジを実際にやってみて、カッツ氏に大きな変化が起こりました。

「月日がいつの間にか過ぎ去っていくかわりに、ずっと記憶に残るようになります(instead of the months flying by, forgotten, the time was much more memorable.)」

何気なく過ごしていた日々とは違い、その日、自分がどこにいて何をしていたのかをはっきり覚えているようになったそうです。

さらに、自分に自信がついたとカッツ氏は語っています。

「出不精のコンピュータオタクが楽しみのため会社に自転車で行くような人間へと変わったのです(I went from desk-dwelling computer nerd to the kind of guy who bikes to work. For fun!)」

なんと、カッツ氏は、キリマンジャロ登頂まで達成したそうです。

まずは、30日間やってみる

何か目標をたてて、達成するために過ごす30日。

ただ何となく過ごす30日。

どのように過ごそうと、30日という時間は平等に過ぎていきます。

カッツ氏は最後にこう問いかけます。

「何を待っているの?(What are you waiting for?)」

次の30日で、やりたかったことをやってみましょうよ。

感想

目標を達成するために生きようと、ただダラダラと生きようと、30日間は過ぎていきます。

たったの30日。

ちょっと何かを始めてみるにはちょうど良い長さだとカッツ氏も語っています。

やってみたいことがあるけれど、やろうかどうか悩んでいる。

それなら、まずは30日間だけやってみると、自信もついて、さらに続けることができるかもしれません。

やろうかどうか悩むくらいなら、まず30日間だけやってみる。

本当に、人生が変わるかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ

【TED】成功の鍵は、やり抜く力

【TED】成功の鍵は、やり抜く力
こんにちは。 IQテストというものがありますよね。 一般に、IQが高ければ頭がよく、低ければ頭が悪い、なんて言われています。 では...

【TED】100日間拒絶チャレンジで学んだこと

【TED】100日間拒絶チャレンジで学んだこと
ちょっと変わったチャレンジをして人生を変えた人のスピーチを紹介します。 そのチャレンジは、『100日間拒絶チャレンジ』。 100日間...
スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます