【運用実績公開】ソーシャルレンディング2018年1月のまとめ

スポンサーリンク

ソーシャルレンディング投資2018年1月まとめ

1月分のソーシャルレンディングまとめです。

今月は、maneo(マネオ)、クラウドバンク、ownersbookの3社から配当が入金されました。

マネオとクラウドバンクの配当は毎月入金、ownersbookの配当は1年に4回入金です。

明細も公開しますので、ソーシャルレンディング投資をご検討中の方、参考にしてください。

maneo(マネオ)2018年1月の配当

日本最大のソーシャルレンディング業者maneo(マネオ)。

国内シェア50パーセント以上というmaneoから、今月もキチッと配当が入金されました。

マネオ明細201801

運用金額合計 199,624 円
配当金額 1,098円
利率(年利) 6.69%

年利7%近い高利率で、今月も配当が入金されました。

maneoでの累計運用成績

今月の配当を加算して、maneo(マネオ)での累計収益は以下の通りとなりました。

マネオ総合収益201801

返済された元本 590,376円
累計分配金 29,866円

損失は今月も0のままです。

最短5分で口座開設の申請完了!
maneo(マネオ)の公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

クラウドバンク2018年1月の配当

ソーシャルレンディング業者の中では数少ない証券会社であるクラウドバンク。

貸し倒れ率0パーセントを継続しています。

今月の配当は以下のようになりました。

クラウドバンク配当2018年1月

投資金総額:97,920円
分配金(税込み):533円
分配金(税引後):430円
利回り(年利):6.4%

クラウドバンクも、年利6パーセント超の利回りで配当が入金されました。

貸し倒れ率0%
クラウドバンクの公式サイトはこちら!

ownersbook2018年1月の配当

不動産ファンド専門のownersbook。

ownersbookは運営会社が上場企業(ロードスターキャピタル株式会社)です。

配当は1年に4回。

今月は配当月でした。

ownersbook2018年1月明細

【新宿区オフィス第1号ファンド第2回】

運用期間 3ヶ月
投資金 50,000円
配当(税引前) 561円
年利 約4.55パーセント

利回り(年利)は、maneoやクラウドバンクに比べると低いですが、予定利率が4.5%ですので、予定通りの配当です。

そもそも、銀行や個人向け国債よりも圧倒的に高い利回りですので、何も文句はありません。

上場企業が運営!
OwnersBookの公式サイトはこちら!

まとめ

今月もキチッと配当が入金されました。

ソーシャルレンディングは基本的に、投資金を入金して、ファンドを選択して、運用開始されたら、あとは放ったらかしです。

この気楽さで、今後も運用できることを期待しています。

最短5分で口座開設の申請完了!
maneo(マネオ)の公式サイトはこちら!

貸し倒れ率0%
クラウドバンクの公式サイトはこちら!

上場企業が運営!
OwnersBookの公式サイトはこちら!