【運用実績公開】ソーシャルレンディング2018年4月のまとめ

ソーシャルレンディング2018年4月

FXのトレードに夢中になったり私生活や仕事が忙しかったりで今月はソーシャルレンディング関連の記事を書き忘れていましたが、今月もキチンと配当・償還を受け取っています。

今月は、以下の4社から入金がありました。

  1. maneo(マネオ)から配当・償還
  2. クラウドバンクから配当・償還
  3. オーナーズブックから配当
  4. クラウドクレジットから一部償還(遅延発生中)

やはり、クラウドクレジットはリスクが高いですね。

さて、それぞれの業者について、もう少し詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

maneo(マネオ)2018年4月の配当・償還

日本のソーシャルレンディング業者では最大規模であり、案件も多いmaneo。

今月もキチッと配当・償還金が入金されました。

マネオ分配2018年4月

運用金額合計99,791円
配当金額654円
償還金額49,916円
利率(年利)7.97%

先月、償還があったので再投資を行いましたが、その再投資をした分の配当が今月はまだ入ってこないので、運用金額も配当金額もちょっと少なめになっています。

来月からは再投資を行った分の配当も入ってくる予定なので、配当金額も増える予定です。

今回の償還・配当・再投資を受けて、maneoでの累計収益は以下の通りとなりました。

マネオ累計2018年4月

順調ですね。

今月も、元本損失額ゼロが輝いています。

maneo(マネオ)の公式サイトはこちら!

スポンサーリンク

クラウドバンク、2018年4月の配当レポート

2014年12月以来、貸し倒れ(元本を返済できなかった)率ゼロパーセントを記録し続けているクラウドバンク(遅延はありました)。

今月もいつもどおり配当が入金されました。

クラウドバンク配当2018年4月

未償還の資金102,024円
今月の償還金2,327円
分配金(税引前)497円
分配金(税引後)401円
利回り(年利)5.8 %

クラウドバンクは、毎月ちょっとずつ償還される印象がありますね。

最低投資金額が1万円なので、ちょっとずつ償還された金額と配当金との合計が1万円を超えたらすぐに再投資しています(ちなみに今も、再投資をして運用開始を待っています)。

クラウドバンクの公式サイトはこちら!

オーナーズブック、2018年4月の配当レポート

親会社が上場企業のオーナーズブック。

配当は年4回(3ヶ月に1回)で、今月が配当月でした。

オーナーズブック配当2018年4月

投資金合計100,000円
配当(税引前)910円
配当(税引後)725円
利回り(年利)

4.45%
4.39%

利回りの欄に数字が2つ書いてあるのは、2つのファンドに投資していて、その2つのファンドの運用期間が異なるからです。

一方のファンドは、運用期間3ヶ月で、利回り(年利)4.45%。

もう一方のファンドは、運用期間約2ヶ月、利回り(年利)4.39%。

マネオやクラウドバンクの利回りに比べると見劣りしてしまいますが、オーナーズブックには、親会社が上場企業で、経営状況を公開しているという安心感があります。

私の場合、メインはあくまでマネオとクラウドバンクですが、3番目の投資先としてオーナーズブックも重宝しています。

オーナーズブックの公式サイトはこちら!

クラウドクレジットでの投資状況

遅延が発生しているクラウドクレジット。

本来なら3月に全額償還と配当一括入金があるはずでした。

金額にして、元本10万円プラス配当金。

4月末現在、その一部が返金されています。

クラウドクレジット2018年4月

『元本10万円プラス配当金』のうち、今月は88,366円が返ってきました。

さて、残りは返ってくるのでしょうか?

まあ、クラウドクレジットが発表している遅延の原因を読む限り、返ってきそうなんですけどね。

ここは待つしかありません。

まとめ

マネオ・クラウドバンク・オーナーズブックからは普段どおりの配当・償還がありました。

クラウドクレジットでは、海外投資、それも新興国投資の危険性を体験させられる状況になっています。

さて、マネオとクラウドバンクでは再投資も行ったので、来月からは配当金額が増えてくるかな、と期待しています。

オーナーズブックの次回配当は7月です。

次回の配当も安定して入金されることを期待しています。

maneo(マネオ)の公式サイトはこちら!

クラウドバンクの公式サイトはこちら!

オーナーズブックの公式サイトはこちら!

error:Content is protected !!