スポンサーリンク

GMOコインでリップル買規制はなぜ起きたのか?

リップル買規制

2017年12月15日。

ネット上であるニュースが話題になりました。

「GMOコインでリップルに買規制」

GMOコインでリップルが買えなくなってしまったのです。

なぜリップルが買えなくなってしまったのでしょうか?

今回の記事では、GMOコインでリップルが買えなくなった理由について考えてみます。

スポンサーリンク

リップルとは

リップルについては以下の記事で解説しています。

仮想通貨リップル(XRP)とは
最近、大型のニュースが相次いで発表されている仮想通貨リップル(XRP)。 長期投資のために保有している人が多いこのリップル。 私も数...
スポンサーリンク

GMOコインでリップルが売り切れた?

GMOコインの公式ツイッターが、こんな知らせを報じました。

買規制、つまり「今、GMOコインではリップルを買えないよ」というお知らせです。

なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

リップルの高騰

リップルはここ数日で価格が高騰していました。

リップルチャート

12月12日の午前中にはまだ30円以下で推移していたのが、同日午後から徐々に上がり始め、13日に急騰

12月15日、ついに100円をつけました。

100円をつけたのが15日の早朝でしたので、約2日間で3倍以上の急激な上昇が発生したのです。

値段が上がるということは、それだけ多くの買いが入ったということ。

ここに、今回、GMOコインでリップルの買規制が起きた理由がありそうです。

GMOコインは「販売所」

仮想通貨を購入できる場所として、大きく分けて「販売所」「取引所」があります。

GMOコインは「販売所」です。

では、取引所と販売所とでは何が違うのでしょうか?

取引所

取引所は、売りたい客と買いたい客とを結びつける役割を果たしています。

取引所には必ず「板情報」というものが表示されています。

板情報

見た目は取引所ごとに異なりますが、このような情報が表示されています。

取引所では、一般に、販売所よりも安く買えることが多いです。

その一方で、どんなに買いたくても、売りたい人がいなければ買うことが出来ません。

逆に、どんなに売りたくても、買いたい人がいなければ売ることが出来ません。

販売所

販売所は、販売所自体が保有している仮想通貨を販売します。

販売所は、仮想通貨の小売店のようなものです。

販売所が仮想通貨を仕入れてきて、買いたいという人に売っています。

販売所の悪いところは、仮想通貨の販売価格を販売所が決めているため、一般に、取引所よりも高くなってしまうことです。

逆に、販売所の良いところは、在庫がある限り、いつでも好きな時に買うことが出来ることです。

では、在庫がなくなったらどうなるでしょう?

GMOコイン、在庫切れ?

今回、GMOコインでリップルの買規制が発生した理由として考えられるのが、リップルの高騰により、GMOコインが保有していたリップルが無くなったということ。

売り切れ、品切れ、無いものは売れません。

GMOコイン、損失を回避したかった?

もう1つ、理由として考えられるのが、リップルが急激に値上がりしてしまったために、このまま販売したらGMOコインが大損失を被ってしまう、ということです。

GMOコインからしてみたら、リップルの値段が上昇するということは、潜在的にGMOコインの損失が膨らむということになります。

例えば、AさんがGMOコインから30円でリップルを購入した場合。

リップルが3倍の90円になったのでAさんがGMOコインにリップルを売ったとします。

Aさんは、60円の利益を得ることが出来ました。

では、この取引を、GMOコイン側から見てみましょう。

リップルが30円の時、GMOコインはAさんにリップルを売りました。

リップルが90円の時、GMOコインはAさんからリップルを買いました。

GMOコインにとっては、60円の損失です。

GMOコインは「もう、これ以上の損失には耐えられない」と、リップルの販売を停止したのかもしれません。

買規制は高騰のシグナル?

買規制が発生するということは、それだけ多くのリップルが購入されているということ。

買いが殺到すれば、リップルの値段は上がります。

販売所が買制限を行うほど買いが殺到したのですから、それだけリップルの値段が上る可能性が高いといえます。

あくまでも「可能性が高い」というだけで、必ず上がるかは分かりませんが、注目材料の1つと言えるでしょう。

最後に

買規制が起こるほど、リップルの値段が急激に上昇しました。

この先の動きは分かりませんが、リップルが注目を集めているのは確かです。

私もリップルが20円台の時に購入して、年単位で保有し続けるつもりで寝かせてあります。

GMOコインが買規制を行った本当の理由は分かりません。

ただ、今後もおそらく発生するでしょう。

GMOコインは「販売所」なのですから、買規制を行う可能性は常に存在するのです。

こちらの記事もどうぞ

仮想通貨リップル(XRP)とは
最近、大型のニュースが相次いで発表されている仮想通貨リップル(XRP)。 長期投資のために保有している人が多いこのリップル。 私も数...
https://ayumuhibi.info/kasikasoutuuka_service/
スポンサーリンク

シェア/フォローして頂き、ありがとうございます