【仮想通貨】ICOの必須ツール MyEtherWalletのアカウント作成方法

スポンサーリンク

MyEtherWallet作り方

こんにちは。

今日は、ICO投資をする時によく使用するMyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)のアカウント作成方法と、ICO投資をする時の使い方を解説します。

ICO投資をする際は、ICO主催者側が指定した通貨で投資をする必要があります。

その際、指定された通貨がイーサリアム系(イーサリアム、イーサリアムクラシック)の場合、ほぼ間違いなくMyEtherWalletを使うことを求められます。

MyEtherWalletを使うと、ICOで購入したイーサリアム系のトークンを一括管理できるので非常に便利です。

無料でアカウント作成できるので、これからICO投資をしようと考えている方は、とりあえず作っておくことをお勧めします。

MyEtherWalletのアカウントの作り方

まずは、MyEtherWalletのウェブサイトに行きます。

>>MyEtherWalletのウェブサイトはコチラ

日本語表記に

おそらく英語表記になっていると思いますので、日本語表記にします。

画面上の方で言語を選べますので、「日本語」を選択します。

myetherwallet1

同じ画面でパスワードの設定をします。

大事なお金を預けるので、なるべく複雑なパスワードにしてください。

myetherwallet2

パスワードを入力したら、「お財布の作成」ボタンを押します。

Keystore/JSONのダウンロード

次の画面では、Keystore/JSONファイルをダウンロードします。

このファイルは、MyEtherWalletにログインする時に毎回必要になります。

なくさないように保存してください。

myetherwallet「ダウンロード Keystoreファイル(UTC / JSON)」をクリックすると、ファイルがダウンロードされますので、そのファイルを大切に保存してください。

ファイルをダウンロードしたら、「理解できました。続けます。」ボタンをクリックします。

秘密鍵を保存

次の画面では、秘密鍵を保存します。

秘密鍵は、ウォレットにログインする際に必要になります。

秘密鍵を他人に盗まれてしまうと、他人があなたのウォレットから簡単にお金を盗んでしまいます。

盗まれないように、大切に保存してください。

myetherwallet4

表示されている文字列(上の図だと、黒線で塗りつぶされている部分)をコピーして、保存します。

また、「お財布情報を印刷」ボタンをクリックすると、印刷することが出来ます。

秘密鍵を保存したら、「アドレスを保存してください」ボタンをクリックします。

ログイン

次の画面はログイン画面です。

myetherwallet6

まず、左側にある選択肢から「Keystore / JSON File」を選択します。

なお、「秘密鍵」を選んでも構いません。

今回は、「Keystore / JSON File」を使ってログインします。

「お財布ファイルを選択」というボタンが表示されますので、ボタンを押して、先程保存した「Keystore / JSON File」を選択してください。

「Keystore / JSON File」を選択すると、パスワードを入力する欄が表示されますので、先程設定したパスワードを入力します。

最後に、「アンロック」ボタンを押すと、自分のMyEtherWalletアカウントにログインすることが出来ます。

スポンサーリンク

最後に

アカウント作成時に作った、パスワード、Keystore / JSON File、秘密鍵は、絶対になくしたり盗まれたりしないように気をつけてください。

スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます