仮想通貨のモナコインとは? どの取引所で買うべきなのか?

スポンサーリンク

モナコイン

モナコインという、特に日本人に熱烈なファンを持つ仮想通貨が存在します。

なぜ日本人にそこまで人気があるのでしょうか?

将来性は?

投資対象としてはどうなの?

今回の記事では、仮想通貨界隈でたびたび話題に上がるモナコインについてまとめます。

モナコインとは?

モナコインは、日本の巨大掲示板”2ch(2ちゃんねる)”から生まれた仮想通貨です。

2ちゃんねるから生まれた、と言っても、別に2ちゃんねるが管理運営しているわけではありません。

他の多くの仮想通貨と同じように、中央管理者はいません。

スポンサーリンク

モナコインの機能

モナコインは、「ライトコイン」という仮想通貨をベースに作られています。

ライトコインは時価総額で常に10位以内に入っている仮想通貨で、ビットコインほどではありませんが、非常にメジャーな仮想通貨の1つです。

モナコインは、送金する際の処理速度が速いという特徴があります。

Segwitという、送金速度を速くする機能を世界で最初に搭載した仮想通貨で、ビットコインの約6倍の速さで送金処理を行うことが出来ます。

さらに、モナコインは、元になったライトコインよりも1.5倍以上の速さで送金処理を行えます。

モナコインは実用性も充分な仮想通貨なのです。

モナコインの将来性

モナコインは、日本のみならず、中国や韓国の取引所にも上場されています。

また、日本では、モナコインで支払いができる店も、オンライン店舗・リアル店舗共に増えています。

また、モナコインを購入できるビットフライヤー(BitFlyer)という取引所が、アメリカに進出しています。

残念ながら、アメリカのビットフライヤーでは、まだモナコインは扱われていません。

ですが、今後、アメリカのビットフライヤーでモナコイン取り扱い開始となったら、アメリカ人のみならず、日本の熱狂的なファンが買いに走ることは目に見えています。

実際、2017年11月には、「アメリカのビットフライヤーにモナコインが上場するのでは?」という期待だけで、1ヶ月で3倍近い価格になっています。

モナコイン2017年11月チャート

モナコインを買える取引所

モナコインは、Zaif(ザイフ)という取引所と、BitFlyer(ビットフライヤー)という取引所で購入することが出来ます。

どちらで購入するのがお得なのか?

断然、Zaifで購入するほうがお得です。

ZaifとBitFlyerでのモナコインの価格を見てみましょう。

Zaifの場合
zaifのモナコイン価格

BitFlyerの場合
BitFlyerモナコイン価格

モナコインは、「買い価格(購入価格)」で買って、「売り価格(売却価格)」で売ることになります。

ZaifとBitFlyerの買い価格(購入価格)を比べてみると、Zaifの方が安く購入できるのが分かると思います。

仮想通貨は、取引所や販売所によって価格が異なります。

モナコインを買うなら、Zaifで購入するのがお得です。

こちらの記事もどうぞ

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?ビットコインとは違うもの?
「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」 仮想通貨を始めたばかりの方は、「どっちがビットコインなの?」と混乱されるかもしれません。...
仮想通貨リップル(XRP)とは
最近、大型のニュースが相次いで発表されている仮想通貨リップル(XRP)。 長期投資のために保有している人が多いこのリップル。 私も数...
スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます