モナコインが成功したアトミックスワップとは?

アトミックスワップとは?

2018年1月20日。

モナコインがアトミックスワップに成功したというニュースが流れました。

では、そもそも「アトミックスワップ」とは何なのでしょうか?

今回の記事では、モナコインが成功したアトミックスワップについて解説します。

スポンサーリンク

アトミックスワップとは?

アトミックスワップとは、取引所を間に挟まなくても、仮想通貨の保有者同士で異なる仮想通貨を交換できる機能です。

通常、仮想通貨Aから仮想通貨Bに交換するには、取引所を使わないといけませんよね。

アトミックスワップを使えば、仮想通貨の保有者同士が直接、仮想通貨の交換をすることが出来るのです。

スポンサーリンク

アトミックスワップの仕組み

アトミックスワップは、どのようにして実現されるのでしょうか?

今回は、モナコイン(Mona)とDecred(DCR)との間でアトミックスワップを行う例を解説します。

まず、Monaを保有していて、DCRに両替したい人(Aさん)がいます。

また、DCRを保有していて、Monaに両替したい人(Bさん)がいます。

AさんとBさんが、取引所を間に介さずにMonaとDCRを交換します。

まず、AさんがBさん宛に、暗号化されたMonaを仮想通貨のネットワーク上に置きます。

暗号化されているのですから、Bさんは、そのままではMonaを使うことができません。

Bさんが暗号を解除してMonaを受け取るためには、さらに、Aさんから暗号を解除するための鍵をもらわなくてはいけません。

そこで、BさんはAさん宛に、暗号化されたDCRを仮想通貨ネットワーク上に置きます。

AさんがこのDCRの暗号を解除したその時、自動的に、AさんからBさんに暗号解除の鍵が送られます。

これで、BさんはMonaの暗号を解除することができます。

こうして、取引所を間に挟むことなく、AさんとBさんとの間で異なる仮想通貨の交換が可能になるのです。

アトミックスワップの利点

では、アトミックスワップの利点は何なのでしょうか?

取引所に預けるリスクがなくなる

取引所を間に挟んで仮想通貨の交換を行う場合、どうしても、取引所に仮想通貨を預ける必要があります。

もし、仮想通貨を預けている間に、その取引所が破綻してしまったら?

もし、仮想通貨を預けている間に、その取引所がハッキング被害にあってしまったら?

アトミックスワップなら、取引所を使うリスクがなくなります。

異なる通貨を用意する必要がなくなる

例えば、あなたが仮想通貨ライトコイン(LTC)を保有していたとします。

取引所に、ぜひとも購入したい仮想通貨Aが上場されたとします。

でも、その仮想通貨Aは、LTCとは直接交換することができません。

仮想通貨Aは、ビットコイン(BTC)となら直接交換できます。

この場合、従来なら、手持ちのLTCをBTCに交換して、手に入れたBTCを使って仮想通貨Aを入手するすることになります。

手数料は、LTCをBTCに交換したときと、BTCを仮想通貨Aに交換したときの2回発生してしまいます。

もしも、LTCとBTCの間でアトミックスワップが出来るのなら(実際、出来ると言われています)、手数料が発生するのは、BTCと仮想通貨Aとの交換だけです。

従来よりも少ない手数料で、通貨間の交換を行うことができます。

 

もしも将来的に、すべての通貨の間でアトミックスワップを行うことが出来るようになれば、取引所を使わなくても、各個人が必要とする通貨を手に入れることができるかもしれませんね。

>>アトミックスワップに成功したモナコインは、Zaif取引所で比較的安く購入できます

 

error:Content is protected !!