【maneo(マネオ)運用成績公開】分配・償還・再投資~2018年3月~

マネオ2018年3月配当・償還・再投資

ソーシャルレンディング業者の最大手、maneo(マネオ)から、今月は配当と償還がありました。

一部償還ではなく完全償還なので、さっそく新しいファンドに投資。

投資金は寝かせていても増えませんからね。

今月も明細を公開しますので、ソーシャルレンディング投資に興味のある方、参考にしてください。

スポンサーリンク

maneo(マネオ) 3月の運用成績

maneo(マネオ)の3月の運用成績は、以下の通りとなりました。

マネオ2018年3月明細

運用金額合計199,624 円
配当金額923円
償還金額99,833円
利率(年利)5.6%

予定通りの配当が入ってきました。

スポンサーリンク

再投資

約10万円が償還されたので、その内の5万円を新しいファンドに投資しました。

ファンド名は、『【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンド【第2弾】52号』。

このファンドは、同じ事業者に12億円を融資するのですが、この12億円を2億円ずつの6つのファンドに分けて募集しています。

6つのファンドは、もしも何かがあって返済遅延が発生した場合の返済順位が異なります。

最も利率が高いファンドは返済順位が最も低く、逆に、最も利率の低いファンドは返済順位が最も高くなっています。

6つのファンドは融資先は同じですが、リスクの高低により利率が異なります。

私が申込んだファンドは、リスクが3番目に低いファンドです。

あまりリスクを取りすぎるのも恐いですが、安全運転すぎるのも面白くないので、無難そうな所に投資しました。

これまでの運用成績

maneo(マネオ)での累計収益は以下の通りとなりました。

マネオ累積収益2018年3月

返済された元本690,209円
累計分配金32,168円

今月は償還があったので、『返済された元本』が増えました。

損失は今月も0のままです。

この調子で今後も安定運用してくれることを願っています。

最後に

今月も問題なく配当・償還が行われました。

maneoでは、私は投資していなかったファンドなのですが、返済遅延が発生していました。

遅延が発生していたファンドは、担保も保証もない、リスクの高いファンド。

maneoの発表によると、融資先からの返済は今後も引き続き行われるけれど、予定よりも時間がかかる、ということのようです。

>>maneoの発表はこちら

やはり、リスクの高い案件はこのようなことが発生する可能性も高いですね。

年利5~6パーセントで充分なので、担保アリの案件の中からファンド内容をしっかり読んで投資したいですね。

maneo(マネオ)の公式サイトはこちら!

こちらの記事もどうぞ

【運用実績公開】ソーシャルレンディング2018年2月のまとめ
2月分のソーシャルレンディング投資のまとめ記事です。 2018年2月は、ソーシャルレンディング業界に衝撃が走りました。 『ラッキーバンク』という人気のソーシャルレンディング業者が金融庁から処分を受ける、というのです。 この記事を書...
error:Content is protected !!