年利9%のファンドに新規投資!~maneo201707~

スポンサーリンク

maneo(マネオ)

こんにちは。

今日は、たまに書いている投資についての記事です。

ソーシャルレンディング業者maneoで、新しいファンドに投資しました。

運用利回りが年利9%で、担保あり、運用期間は12ヶ月の、私好みの案件があったので投資しました。

今回投資した案件

今回投資した案件は、『【担保付】事業性資金支援ローンファンド293号』。

年利9%、担保あり、運用期間12ヶ月の案件です。

スポンサーリンク

選んだ理由

このファンドを選んだ理由は、以下のとおりです。

まず、年利9%

年利の高さはリスクの高さ、と考えておりますが、今回は他ならぬmaneoの案件でもありますし、担保もあるので大丈夫だろうと考えました。

次に、担保の内容がしっかりしていること。

maneoのウェブサイトに公開されているファンド詳細を見てみると、「担保・保全 金額3億円」と書いてあります。

募集金額は、3,000万円のファンドが10本分なので、合計3億円。

仮に投資先の事業者が事業に失敗しても、担保で元本は返ってくるはずです。

最後に、運用期間が12ヶ月であること。

私は、運用期間があまり長いファンドは好みではありません。

これは深い理由があるのではなく、単に好みの問題です。

あまり長い期間、資金を拘束されてしまうのが好きではないのです。

もしかしたら、もっと良いファンドや投資商品が出てくるかもしれない。

その時に、何年もの間、古い条件のファンドに資金を拘束されてしまうのが嫌なだけです。

という訳なので、運用期間は長くても12ヶ月程度のファンドを選ぶようにしています。

株やFXに比べれば……

他の記事でも書いたような気もしますが、私は株やFXもやっていました。

過去形です。今はもうやっていません。

理由は簡単。

株やFXで年利5%やら9%やらを出し続けるのは非常に難しいし、勉強もしなければいけないし、銘柄の研究などもしなければいけないけれど、ソーシャルレンディングは、一度選ぶだけで、あとはほったらかしでOKだから。

つまりは、株やFXはもう疲れたのでやりたくないんですよね。

ソーシャルレンディング投資は元本保証ではないので、もしかしたら元本まるごと失うかもしれません。

でも、全ての投資資金を1つのファンドに投資するような恐ろしいことをしなければ、損失は限定的です。

FXなんて、下手したら借金を背負うことになりますし(株も、信用取引を利用すれば、借金を背負う可能性があります)。

今のところ、私にとってはソーシャルレンディング投資が一番合っているように思えるのです。

さて、今回のファンド、結果はどうなることでしょう。

年利9%はあくまで予定ですので多少の前後はあるでしょう。

とはいっても、5%まで下がってしまっても充分な利率なのですけどね!

maneo(マネオ)に口座を開設する手順を解説しています。ぜひ参考にして下さい。

【図解】maneo(マネオ)の口座開設方法をイチから順に解説します!
こんにちは。 今日は、ソーシャルレンディング業者のmaneo(マネオ)の口座開設方法を解説します。 maneo(マネオ)は、2008...