レバレッジを高くすると損失も大きくなるの?

スポンサーリンク

レバレッジ

FXや先物などのトレードを始めると、レバレッジという、なんだかちょっと恐そうなものと付き合わなければならなくなります。

初心者の方の中には、「高レバレッジは恐い」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

実は私も、FXを始めたばかりの頃は、「高レバレッジは恐い」と思っていました。

今回の記事では、レバレッジの基本から、高レバレッジよりも恐いことについて解説します。

レバレッジとは?

レバレッジというのは、よく「テコの原理」なんて言われます。

FXや先物取引でのレバレッジは、「少ない証拠金で大きな取引ができる仕組み」のことを指します。

例えば、証拠金が10万円だったとします。

レバレッジ1倍では、証拠金が10万円なら、10万円分のトレードしか出来ません。

レバレッジ10倍では、証拠金が10万円なら、100万円分のトレードが出来ます。

レバレッジ25倍になると、証拠金が10万円なら、250万円分のトレードが出来るのです。

このように、証拠金にレバレッジを掛けた金額をトレードできるようになります。

証拠金が少なくても、大きな取引が出来るようになる。それがレバレッジという仕組みです。

スポンサーリンク

高レバレッジは危険なのか?

私もFX初心者の頃に勘違いしていたのですが、レバレッジを高くすると、リスクも高くなると思っていました。

実際、どうなのでしょうか?

例をあげて確認してみましょう。

レバレッジ1倍、証拠金100万円の場合

レバレッジ1倍、証拠金100万円の場合、100万円分の取引ができます。

1ビットコインが80万円の時に、1ビットコインを買ったとしましょう。

1ビットコインが81万円になったとき、利益確定すれば、1万円の利益です。

1ビットコインが79万円になったとき、損失確定すれば、1万円の損失です。

レバレッジ10倍、証拠金10万円の場合

レバレッジ10倍、証拠金10万円の場合、やはり100万円分の取引ができます。

1ビットコインが80万円の時に、1ビットコインを買ったとしましょう。

1ビットコインが81万円になったとき、利益確定すれば、1万円の利益です。

1ビットコインが79万円になったとき、損失確定すれば、1万円の損失です。

利益も損失も同じ

この例からわかるように、レバレッジ10倍にしたところで、ポジション量(上記の例の場合は、1ビットコイン)が同じであれば、利益も損失も変わらないのです。

本当に恐いこと

レバレッジをきかせた取引を行う場合、本当に恐いことは「レバレッジを高くすること」ではありません。

本当に恐いのは「自分に合わない大きなポジションを持ってしまうこと」です。

損切りできない人が大きなポジションを持ってしまえば、レバレッジの高低に関わらず、遅かれ早かれ相場から退場させられます。

ためらわずに損切りが出来る人でも、ほんの数回の損切りで証拠金が底をついてしまうような大ポジションを持っていれば、やはり、遅かれ早かれ相場から退場させられてしまうでしょう。

レバレッジを高くすることが恐いのではなく、あまりにも大きなポジションを持ってしまうことが恐いのです。

レバレッジとの付き合い方

レバレッジは、うまく使えば一気に資金を増やせる仕組みです。

レートが一方向に大きく動いていて、「これは大チャンス!」と思った時は、思い切ってレバレッジを高くして、大きなポジションを持ってみれば、思いがけない大きな利益を手にすることが出来るかもしれません。

いざという時に大きなポジションを持てるように、レバレッジは最初から高く設定してはどうでしょう?

ポジションの大きさを調整して、普段は負けても損失が大きくならないようにして、「ここだ!」という時にだけポジションを大きくして勝負をかける。

そのほうが、効率よく資金を増やしていくことが出来ますよ。

こちらの記事もどうぞ

【トレード雑話】ポジポジ病に気をつけて!

【トレード雑話】ポジポジ病に気をつけて!
こんにちは。 ポジポジ病という言葉を聞いたことがありますか? FXなどでデイトレードやスキャルピングをする方が罹りやすい病です。 ...
スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます