仮想通貨関連の詐欺メールが届いたので公開します

詐欺メールが届いた

詐欺メールって、結構届きますよね?

私のところには銀行関連が一番多いように思いますが、今週に入ってから、立て続けに仮想通貨関連の詐欺メールが届きました。

今回の記事では、私の所に実際に届いた詐欺メールを公開して、どこがおかしいのかを解説します。

スポンサーリンク

届いた詐欺メール

今回、私のところには、2種類の詐欺メールが届きました。

1つ目は、Mr. Rippleという取引所の名を語る詐欺メール。

もう1つは、Poloniexという取引所の名を語る詐欺メール。

どちらも、私は口座を開設していませんし、過去にメールアドレスを登録したこともありません。

名前は知っていましたけどね。どちらも有名ですから。

どちらのメールも似たような内容でしたので、今回の記事では、Poloniexを語る詐欺メールを紹介します。

スポンサーリンク

開設していない口座が凍結された

Poloniexを名乗る何者かから、こんなメールが届きました。

Poloniexを語る詐欺メール

メール冒頭に私の名前が書かれていない時点で怪しいですね。

内容を簡単に訳すと、「あなたのアカントが何回もログインされました。安全のため、アカウントを凍結しました。確認のために、このページにアクセスしてください」と書かれています。

メールに書かれたページにアクセスすると、こんなページが表示されます。

Poloniexの詐欺サイト

ちなみに、本物のPoloniexにも、同じようなページがあります。

Poloniex本物のページ

「同じような」というよりも、「ほとんど同じ」ですね。

違いはここだ!

さて、この「ほとんど同じ」詐欺ページ。

一体どこが違うのでしょう?

答えは、この部分です。

偽物
詐欺サイトのURL

本物
本物のPoloniexのURL

インターネットブラウザの上部に表示されているURL(アドレス)部分が異なっています。

偽物は「保護されていません」し、本物と比べてURLも明らかに異なります。

このURLの部分は、偽装することが困難です。

今回の詐欺メール(詐欺サイト)でも、明らかに違うURLが表示されていました。

まとめ

仮想通貨関連に限らず、詐欺師たちは、あの手この手で私たちをだまそうとします。

なんとなく本物っぽいメールが届いても、慌てて対応せず、「詐欺かもしれない」と疑う姿勢が大事です。

詐欺サイトには、「本物とは異なる点」が何処かにあるものです。

特に、今回の詐欺サイトのように、URLの部分が異なることがよくあります。

また、今回の詐欺メールでもそうだったように、「メールにあなたの名前が書かれていない」ことが多いです。

公式のメールなら「○○様」とメール冒頭に書かれているものですよね。

要注意

今回は記事にするために詐欺サイトにアクセスしましたが、この記事をお読みの皆様は、決して怪しいサイトにはアクセスしないようにしてください。

アクセスしただけでコンピュータウィルスを仕込まれてしまうサイトも存在します。

「怪しいサイトにはアクセスしない」を徹底してください。

こちらの記事もどうぞ

INSPという謎トークンが振り込まれていた。これって何だ?
MyEtherWalletをお使いの皆様。 INSPというトークンが振り込まれていませんか? 私は昨日、AMPLE!というICOに投資をした際にINSPトークンが振り込まれていることに気が付きました。 先月の終わりにGamefli...
パソコンだけでグーグルの二段階認証をする方法
仮想通貨の取引所や販売所を利用する際、二段階認証を求められることがよくありますよね。 そんな二段階認証システムの中でもよく使われるのが、グーグルの二段階認証システム。 コインチェックやKuCoinなど、多くの取引所(販売所)で導入さ...
error:Content is protected !!