仮想通貨のICOって何?まだ間に合うの?危険性は?

スポンサーリンク

ビットコインの世界

今回は、仮想通貨についての話題です。

仮想通貨投資をしている人の間で、おそらく今一番の盛り上がりを見せているICOについて。

「ICOって何?」

「危険じゃないの?」

「まだ間に合うの?」

今回の記事では、難しい理屈の部分は他サイトにおまかせして、投資家目線からICOについてまとめます。

ICOとは

ICOというのは、Initial Coin Offeringの略で、日本語では「新規仮想通貨公開」などと訳されます。

株式投資をする方なら、名前を見ただけでピンとくるかもしれません。

そう、IPO(新規株式公開)の仮想通貨バージョンです。

企業が新しい独自の仮想通貨を発行し、投資家に買ってもらう。その後、取引所でその仮想通貨が売買されることで、企業や投資家が利益を得る。

仕組みとしては、非常に簡単です。

スポンサーリンク

ICOって、危険じゃないの?

ICOを行うと発表している企業は、世界中にいくつもあります。

例えば、ICO calender(海外サイト)を見てみると、数えるのが嫌になるくらい多くの案件が存在しています。

正直申し上げまして、胡散臭いものも相当あると考えて間違いありません。

現在進行形で問題になっているHYPE(ハイプ)のように、ICOでも「出金できない」「発行者と連絡を取れない」などのトラブルが実際に発生しています。

とは言え、中には真面目な企業が本気で発行する仮想通貨も存在しています。

上手くいけば数倍・数十倍の利益を得ることが出来るICO。

「ICOは危険。絶対に参加しない」と頑なに拒否するのももったいないことです。

まだ間に合うの?

ICOは、まだまだ有望そうなプロジェクトが次々に立ち上がっています。

もちろん、本当に投資するに値するプロジェクトなのかを精査した上で投資する必要があります。

日本企業によるプロジェクトも立ち上がっていて、これから更に盛り上がっていきそうな状況です。

最後に、注意点

ICOは、ハイリスクな投資案件です。

過去には、真面目に発行した仮想通貨だったのに、資金調達や運営が上手くいかずに消滅してしまった案件もあります。

株式投資でのIPOでも、「初値を下回る」ことは実際に起っています。

同様に、ICOでも、思ったほど上がらない、公開直後からマイナスのまま、などということが起こる可能性があります。

当たれば数倍(数十倍)、でも、投資したお金が一瞬で消滅してしまうかもしれない。

ICOは、そのようなハイリスク・ハイリターンの投資商品です。

参加する場合は、必ず余剰資金で。

恐いな、と思うのでしたら、すでに発行されて活発に売買されている仮想通貨(ビットコインやネムなど)で投資しても、1日に10パーセント以上も値動きすることがありますので、十分な利益がとれます(1日に10パーセント以上の損失を被る場合もあります)。

スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます