HTMLCOINウォレットのインストールからコイン受け取りと送金方法

スポンサーリンク

HTMLCOINウォレットのインストール、受け取り、送金方法

HTMLCOINには専用のウォレットがあります。

インストールは、公式サイトからダウンロードしてインストールするだけでOK。

ウォレットのインターフェースも一部が日本語化されていて、送金や受け取りに関しても、それほど迷うことはないと思います。

とはいえ、お金に関わることですから、失敗したくないですよね。

今回の記事では、HTMLCOINウォレットのインストールから、ウォレットでのコイン受け取り方法、送金方法についてまとめます。

HTMLCOINウォレットのインストール

HTMLCOINの公式ウォレットは、HTMLCOIN公式サイトからダウンロードできます。

決して、公式サイト以外からダウンロードしないでください。

公式サイト以外からダウンロードした場合、最悪、ウォレット内のコインをすべて盗まれる可能性があります。

ウォレットのダウンロード

まず、HTMLCOINの公式サイトに行きましょう。

>>HTMLCOIN公式サイトはこちらです

ページの下の方でウォレットをダウンロードできます。

HTMLCOINウォレットダウンロード

ご自分の環境に合ったウォレットをダウンロードします(Windowsをお使いならWINDOWS、MACをお使いならMAC OSXを選択します)。

ウォレットをインストール

ダウンロードが完了すると、例えばWindowsの場合、以下のようなアイコンが表示されます。

HTMLCOINインストーラ

アイコンの形などがパソコンによって微妙に異なるかもしれませんが、上の図のようなアイコンが表示されているはずです。

これをダブルクリックして、ウォレットをインストールします。

ウォレットの同期

インストールしたウォレットを立ち上げると、「同期」が始まります。

初めて立ち上げた時は数分程度の時間がかかる場合があります。

右下にある『隠す』ボタンを押せば、同期中でも作業できますので、同期に関しては深く気にせず作業を進めてください。

同期中はウォレットの動作が重くなります。気になる方は同期が終わるまでお待ち下さい。
スポンサーリンク

外部からウォレットに送金する

取引所などからウォレットに送金する場合を解説します。

まず、ご自分のウォレット宛のアドレスを取得します。

ウォレットの左上にある”File”メニューを選択して、その中から”Receiving addresses”メニューを選択します。

HTMLCOINウォレットのreceivingメニュー

『受け取りアドレス』というウィンドウが表示されます。

このウィンドウで、受け取り用のアドレスを追加・取得することができます。

アドレスを追加するには、左下に有る『新規(N)』ボタンを押します。

『新しい受信アドレス』というウィンドウが表示されます。

『ラベル』は、他のアドレスと区別するための名前です。

あとで見た時に区別できるように、お好きな名前をつけてください。

『OK』ボタンを押すと、専用の受け取りアドレスが発行されます。

HTMLCOINウォレットの受け取りアドレス追加画面

受け取りに使いたいアドレスをコピーします。

使いたいアドレスを右クリックすると、メニューが表示されます。

『アドレスをコピー』を選択すると、受け取りアドレスをコピーできます。

HTMLCOINウォレットの受け取りアドレスをコピー

取引所などからHTMLCOINウォレットに送金する際は、この受け取りアドレス宛に送金してください。

HTMLCOINウォレットから外部に送金する

HTMLCOINウォレットから、他人のウォレットや取引所などに送金する場合を解説します。

ウォレットの左側にある『Send』ボタンを押します。

HTMLCOINウォレット送金画面

上から順に、

  • 『送り先』に、送金先のアドレスを入力
  • 『ラベル』に、あとで同じアドレスに送金する場合に区別が付くように好きな名前を入力
  • 『金額』に、送金する金額を入力

『受取人を追加』ボタンを押すと、入力した送金先アドレスとラベルが保存されます。

『送金』ボタンを押すと、送金できます。

『すべてクリア』ボタンを押すと、入力した内容が消えます。

『受取人を追加』ボタンの上にある『選択』ボタンを押すと、送金手数料の金額を変更できます。多くの手数料を払うと、その分、優先的に送金されます。

『送り先』のすぐ右側にあるボタンを押すと、保存した送り先を選択して使用できます。

まとめ

HTMLCOIN公式ウォレットは、インターフェースがシンプルなので使いやすいと思います。

HTMLCOINは今のところ、対応しているハードウェアウォレットがないので、取引所に預けておくよりは、公式ウォレットに預けておく方が安全かと思います。

ハッキングなどに遭っても、公式ウォレットに保管していたのなら、補償してもらえる可能性も高いでしょう。

また、何かあったときのために、ウォレットのバックアップをとっておくことをお勧めします。

ウォレットのバックアップとリカバリ(復元)方法は以下の記事で解説していますので、ご参照ください。

HTMLCOINウォレットのバックアップとリカバリ(復元)方法
HTMLCOINには、公式ウォレットがあります。 機能がシンプルにまとめられているのでHTMLCOINの送受信には迷うことはないと思い...
スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます