仮想通貨のハードフォーク(HF)とは?

仮想通貨のハードフォークとは?

「ビットコインが分裂した」

最近、こんな話が経済ニュースでよく取り上げられています。

新しい仮想通貨を作るのではなく、既存の仮想通貨を分裂させる。

なぜ「分裂」させる必要があるのでしょうか?

今回の記事では、この「分裂」を引き起こす「ハードフォーク(HF)」についてまとめます。

スポンサーリンク

ハードフォーク(HF)とは

ハードフォークとは、既存の仮想通貨(ブロックチェーン)を分岐させることです。

「既存の仮想通貨に問題が発覚した」

「既存の仮想通貨では時代に合わなくなってきた」

こんな時に、既存の仮想通貨を分岐させて、新しい、改善された仮想通貨を作るのです。

例えば、ビットコインの利用者が増えすぎたため、既存のビットコインでは送金時に時間がかかりすぎてしまうという問題が発生した場合。

この場合、既存のビットコインをハードフォークして、送金速度を上げた新しいビットコインを作り出します。

ハードフォークが行われると、既存の仮想通貨と、改善された新しい仮想通貨の2つが存在することになります

スポンサーリンク

ハードフォークで一儲け?

ハードフォークが行われることで、もしかしたら、一儲けできるかもしれません。

例えば、ビットコインがハードフォークする場合。

ビットコインの取引所や販売所にビットコインを預けておくだけで、ビットコインからハードフォークした新しい仮想通貨を無料でもらえるかもしれないのです。

もらえるかどうかは、ビットコインを預けている取引所や販売所が新しい仮想通貨を付与するかどうかで決まります。

ハードフォーク後に誕生する仮想通貨を付与し、売買を行えるようにすることは、取引所や販売所にとっては負担になります。

そのため、取引所や販売所によっては、ハードフォーク後に誕生する仮想通貨に対応しない可能性もあります。

「ハードフォークで誕生する新しい仮想通貨をもらって儲けたい」という場合は、新しく誕生する仮想通貨を付与すると公言している取引所や販売所を探して、そこに仮想通貨を移す必要があります。

ハードフォークの問題点

ハードフォークは、既存の仮想通貨に存在する問題点を改善したり、機能を向上させるために行われる分には、なんの問題もありません。

むしろ、歓迎すべきでしょう。

ですが、単に「儲けるため」に行われるハードフォークも存在します。

仮想通貨を分岐させて、新しい仮想通貨を作る。

その際、「分岐させた側」が新しい仮想通貨を大量に保有し、分岐後、値段が上がってきたところで売却する。

「分岐させた側」にしてみれば、こんなにオイシイ儲け話はありません。

また、ハードフォークが行われると、市場は多少なりとも混乱します。

取引所や販売所も対応に追われ、もしかしたら、何らかの問題が発生するかもしれません。

ハードフォークのおかげで投資家は一時的に利益を得ることが出来るかもしれませんが、ハードフォークには問題点もあるということを理解しておくことも必要ではないでしょうか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました