GMOコインの口座開設方法を解説します

GMOコイン口座開設

為替FXではおなじみのGMOグループによる仮想通貨販売所GMOコイン。

今回は、このGMOコインの口座開設方法を解説します。

GMOコインといえば、安い手数料、使いやすいモバイルアプリが魅力です。

口座開設の申込みだけなら最短5分で終わります。

GMOコインの口座開設手順

GMOコインのウェブサイトへ

口座開設するために、GMOコインのサイトに行きましょう。

サイトの右上か、真ん中あたりにある「口座開設」ボタンを押します。

メールアドレスを登録

表示された画面で、メールアドレスを入力します。

「私はロボットではありません」のチェックボックスをクリックして、「無料口座開設」ボタンを押します。

なお、FacebookやGoogleのアカウントでも口座開設することが出来ます。

GMOコイン2

確認メール受信

登録したメールアドレス宛にGMOコインから確認メールが届きます。

メール内にあるリンクをクリックして、登録手続きを続けてください。

GMOコイン3

パスワード設定

表示される画面で、パスワードの設定をします。

パスワードを入力したら、「設定する」ボタンを押します。

GMOコイン4

ログイン

設定したメールアドレスとパスワードでログインします。

FacebookやGoogleのアカウントを登録した場合は、「SNSでログイン」からログイン可能です。

GMOコイン5

以下のウィンドウが表示されるので、「口座を開設する」をクリックします。

GMOコイン6

個人情報の入力

名前や住所などを登録する画面が表示されますので、正確に記入します。

名前や住所は、この後提出する本人確認書類に記載されているものと同じである必要があります。

GMOコイン7-1

GMOコイン7-2

入力して、「規約への同意」「同意する」にチェックをしたら、「確認画面へ」ボタンを押します。

確認画面が表示されますので、間違いがないか確認します。

間違いがあったら、「再入力」ボタンを押して修正することが出来ます。

間違いなければ、「確定」ボタンを押します。

GMOコイン8

本人確認書類の提出

本人確認方法を選択します。

「1.本人確認書類の画像をアップロード」を選択すると、本人確認書類のデジタルコピーを提出する流れになります。

「2.受け取り時に本人確認をする」を選択すると、この後に郵送される「口座開設のお知らせ」を受け取る時に、免許証などの本人確認書類を配送業者の配達人に提示して、配達人が専用の機械に個人情報を記録することで、本人確認を行います。

どちらでも本人確認を行えますが、今回は、「1.本人確認書類の画像をアップロード」を選択した場合を解説します。

GMOコイン9

本人確認書類は、以下のもののうち1つのデジタルコピーを提出します。

  1. 運転免許証
  2. 個人番号カード(マイナンバーカード)
  3. パスポート
  4. 在留カード
  5. 特別永住者証明書

画面に表示されている指示に従ってデジタルコピーを用意し、提出してください。

GMOコイン10

これで、申込みは終了です。

この後、数日(申込みの混雑具合にもよりますが、2日前後程度)で「口座開設のお知らせ」という書類が郵便で届きます(私の場合は、佐川のメール便でした)。

GMOコイン口座開設のお知らせ

口座開設コードの入力

「口座開設のお知らせ」が届いたら、印刷されている「口座開設コード」を入力して、口座開設を完了します。

GMOコイン11

これで、口座開設完了です。

シェア/フォローして頂き、ありがとうございます