エストコインとは?~エストニア国家が発行する仮想通貨~

スポンサーリンク

エストコイン

2017年8月、仮想通貨に関する大きなニュースが報じられました。

「エストニア国家が仮想通貨を発行」

日本経済新聞などでも取り上げられていたので、ご存じの方も多いと思います。

「発行する」というニュースの後は大した続報はありませんでした。

EUのドラギ総裁が「EUではユーロが唯一の通貨だ」と批判したことくらいです。

では、エストコインは今、どうなっているのでしょうか?

エストニアとは?

エストニアは、旧ソビエト連邦の一部でした。

今は北欧の一国であり、フィンランドと海を挟んで向かい合っています。

e-Residencyという制度があるのが特徴で、世界でも最先端の電子政府システムを構築しています。

スポンサーリンク

e-Residencyとは?

e-Residencyは、エストニアの電子政府システムの中核を担うシステムのこと。

デジタル住民制度があり、実際にはエストニアに住んでいなくても、エストニアのデジタル住民になれたり、エストニアに会社を作ったりすることが出来ます。

納税などの公的システムも電子化されているので、例えば日本にいてもエストニアに納税することが可能です。

エストコインとは?

エストコインについては、現状ではまだ、どのように利用できるのか公式に発表されていません。

試験的に導入し、次第にその利用シーンを増やしていくと言われています。

では、どのような使い方が考えられるのか?

例えば、先ほど説明したデジタル住民制度において、海外からエストニアに納税する際、銀行を介さずにエストコインで納税することが考えられます。

銀行を介すと両替や送金に手数料がかかり、下手をしたら送金が途中でストップすることも考えられます。

仮想通貨であるエストコインを使えば、納税者は、インターネットを通じてエストコインを購入して、それで納税すれば良いのですから、利便性は高いといえるでしょう。

また、日本にいると実感できないかもしれませんが、世界はキャッシュレス化が進んでいます。

将来、電子化の進んだエストニアでは、エストコインが法定通貨として使われることもあるかもしれません(EUと折り合いをつけなければいけませんが)。

エストコインは発行されるのか?

現状、エストコインについては、ホワイトペーパーも発表されていない段階です。

ですが、2017年12月19日、e-Residencyが「我々はエストコインの発行を予定している」と題したメールを登録者に送付しました。

>>エストコインの最新情報が書かれたメールは、こちらから登録すると受け取れます

メールには、エストコインとe-Residencyの今後のビジョンが書かれた記事へのリンクが貼られています。

>>該当の記事はこちら

その記事では、エストコインのICOについても触れられており、信頼性の高いICOを行うための議論を行っているそうです。

ICOの実施日は記事にもメールにも書かれていませんでしたが、実施に向けて準備が進んでいることが伺えます。

最後に

エストコインのICOが実施されれば、世界最初の国家によるICOとして注目をあびることは間違いありません。

これまでに行われてきたどんなICOよりも信頼でき、安心して投資できる案件となることでしょう。

ICO実施日はまだ発表されていませんが、発表されれば、間違いなく日本でも話題となるでしょう。

実施日がいつになるのか。

どのような内容のICOとなるのか。

発表されたら、私のこのブログでも記事にまとめます。

こちらの記事もどうぞ

仮想通貨はバブル?1年でどのくらい値上がりしたの?
仮想通貨はバブルだ! なんてもうずいぶん言われ続けています。 「バブルだ!」って言い続けていれば、本当にバブルが崩壊した時に「ほら当...
仮想通貨リップル(XRP)とは
最近、大型のニュースが相次いで発表されている仮想通貨リップル(XRP)。 長期投資のために保有している人が多いこのリップル。 私も数...
スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます