英語ライティングのためにリーディングをしよう!

スポンサーリンク

ライティング

こんにちは。

最近、このブログの記事を書こうとすると、自分の本業が英文翻訳者なんだということを忘れがちになります。

たまには、自分の経験をもとにした英語学習ノウハウ記事を書いてみたいと思います。

英語ライティングの実力が伸びなくて悩んでいる方。

もしかしたらお役に立てるかもしれません。

元々、私は英文和訳専門の翻訳者でした

海外留学経験無し。

大学での専攻は理工系。

そんな私ではありますが、独学で翻訳者になりました。

翻訳者としてスタートを切った時は、完全に英文和訳専門の翻訳者。

英訳なんてとても無理、と思っていましたし、実際、とても人様に読ませるような英文は書けませんでした。

現在、仕事として和文英訳の仕事も引き受けています。

スポンサーリンク

どうして英訳も出来るようになったのか

さて、ここからが今回の記事の本番です。

和訳しかできなかった私が、英訳も出来るようになった理由。

答えは、「なんだか、いつの間にか、それなりに出来るようになっていた」からです。

「は?」とか言われてしまいそうですが、事実です。

毎日毎日、和訳和訳和訳と、英文を読んで訳す作業を続けてきた結果、頭のなかに、「この和文にはこの英文」という知識が知らないうちに積み込まれていたのです。

「英訳もできそうだ」と気づいた私は、知識をまとめるために、英訳の参考書を買って読みました。

その時に使用した本は『これなら使える100例 技術英語論文の書き方』という本なのですが、工学系英語論文を書くための本なので、一般の方にはお勧めできません。

この、和訳の経験を積んだ上で、「英訳もできそうだ」という状態になってから、きちんと英訳の勉強をしたことで、英訳翻訳者として仕事をもらえるようになりました。

具体的に、どのように勉強すればよいのか

以上の経験から、英文和訳の経験を積めば、自然と和文英訳の実力もついてくることが分かります。

では、実際にどのような勉強をすればよいのでしょうか。

まず、自分が書きたい英文がどのようなジャンルのものであるのかを特定します。

エッセーなのか、マニュアルなのか、学術論文なのか。

書きたい英文のジャンルが決まったら、そのジャンルの英文を読み漁ります。

この時、きちんと和訳をしましょう。

和訳を否定する人もいますが、英訳を目的として読む場合、和訳をしたほうが実力の伸びが早いと私は考えています。

訳す際も、どのような構文が使われているかに注意しながら訳していきましょう。

案外、パターンが決まっていることに気づくはずです。

また、一回訳して終わり、ではなく、訳した文章は何度も読み返しましょう。

英語の語順で読み、日本語に訳さなくても意味がわかるようになるまで読み込みます。

そこまで読み込んだら、次の文章に移って、同じことを繰り返します。

これを毎日行います。

どのくらいの学習期間で英訳が出来るようになるかは、元々の実力により人それぞれですので一概に言えません。

実力がついてくると、日本語文を読んだ時、英文がボヤ~っと頭に浮かんでくるようになってきます。

ここまで来たらしめたもの。

書店に行って、和文英訳の参考書や問題集を一冊、買ってきましょう。

問題を解くことで、ボヤ~としていた知識が整理されていきます。

一冊やり終えた頃には、英訳の実力がグンッと上がっていることでしょう。

リーディング用参考書

「特定のジャンルに絞れないし、和訳がないと不安」という方には、以下の参考書をお勧めします。

旺文社 文で覚える英熟語

このシリーズは、重要な英単語・英熟語を文章を読むことで覚えよう、というコンセプトで作られています。

英文のジャンルも、理系・文系のどちらも扱っています。

また、英検用の参考書なので、1級、準1級、2級、準2級、3級とレベル分けされていて、自分に合ったレベルから始めることができます。

付属のCDには、英文を読み上げた音声も収録されていますので、リスニング対策もできます。

最後に

ここで紹介した方法は、あくまでも数ある学習方法の内の1つです。

「自分には、重要例文を暗記するほうが合っている」という方は、その方法で学習を進めてください。

自分が納得できる方法で学習するのが一番です。

なんとなく誰かに勧められたから、という理由で学習を進めていくと、実力がついてくる前に挫折してしまいがちです。

私はこの記事に書いた方法で英訳の仕事が出来るくらいに実力をつけましたが、この方法が絶対だなんて主張する気は全くありません。

この記事を読んで、「この方法なら自分でもできる」と思った方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェア/フォローありがとうございます