クラウドクレジットとは?利用者が解説します!

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は、クラウドクレジットというソーシャルレンディング業者を紹介します。

私も実際に利用している業者なのですが、何も知らずに利用すると痛い目を見てしまうかもしれない業者なので、そのあたりもしっかり解説します。

私の現在の投資状況

クラウドクレジット2017年8月配当

2017年8月に、投資していたファンドの1つが無事に運用終了し、償還・一括配当を受け取りました。

100,000円を7ヶ月間運用して103,753円が返ってきました(税引き後)。

銀行預金では考えられない高金利です。

現在、1つのファンドに投資しています。

償還・一括配当は2018年3月の予定です。

スポンサーリンク

クラウドクレジットって、どんな会社?

クラウドクレジットは、海外投資を専門にしたソーシャルレンディング業者です。

国内投資は一切行わず、海外の先進国・発展途上国に投資を行っています。

設立は2013年。

株主に、あの伊藤忠商事マネックス・ベンチャーズなど、有名企業が名を連ねていることも特徴の一つです。

クラウドクレジットの長所は?

何といっても、利率の高さが魅力的です。

予定利回り10%以上! なんていうファンドもいくつもあります。

「そんな高い利率のファンド、何かの記念ファンドなんでしょ?」

いいえ。普通のファンドです。

「そもそも、そんな高い利率、実現できるの? 詐欺じゃないの?」

実現できているのです。

さらに、クラウドクレジットは情報開示にも積極的で、満期を迎えたファンドのレポートを全て公開しています。

クラウドクレジットの運用報告ページはコチラ!

過去の全てのファンドについて、包み隠さず情報を公開する。

その姿勢もクラウドクレジットがファンを集めている理由の一つです。

クラウドクレジットの短所は?

長所があれば短所もあるものです。

クラウドクレジットの場合は、海外投資専門ということが、そのまま短所にもなってしまっています。

海外投資をする場合、どうしても避けて通れないモノがあります。

そう、為替変動です。

株やFXをやっている方ならよくご存知かと思います。

為替変動なんて言われてもよくわからない、という方も、ニュースなどで「1ドル112円20銭から23銭」なんてアナウンサーさんが読み上げているのを聞いたことがあると思います。

海外投資をする場合、日本円を現地の通貨(アメリカならドル、中国なら元)に変換する必要があります。

そして、運用を終了する時に、今度は現地の通貨から日本円に戻す必要があります。

運用開始のとき、例えば、1ドル100円だったとします。

そして、運用終了のとき、1ドル90円だったとします。

10ドルを持っていた場合、運用開始の時は、1ドル100円だったので、1,000円を持っていたことになります。

運用終了時、1ドル90円になっていますので、10ドルを日本円に変換すると、900円になってしまいます。

何もしていないのに、100円も損してしまうのです。

この為替変動のリスクが、クラウドクレジットを利用した投資には常につきまといます。

「ファンドの運用自体はうまくいった。だけど、為替が都合の悪い方向に大きく動いてしまって、損失を出してしまった」

そんなことが起こる可能性がありますし、過去に実際に起きています。

為替変動が良い結果を招くことも

為替変動は、何もリスクばかりをもたらすものではありません

例えば、コチラのファンドの運用結果を見てください。

運用前の期待利回りは13.1%でした。

運用終了時の実現収益率は25.0%です。

ただ預けていただけで、年利換算で25.0%もの利益を得ることが出来たのです。

10,000円が12,500円になった計算になります。

銀行預金ではとても考えられませんし、株やFXでも、年利25.0%もの利益を出すのは困難でしょう。

私のクラウドクレジット利用方法

クラウドクレジットを利用する上で、私が気をつけていることは以下のとおりです。

  • 「為替ヘッジあり」の案件を選ぶ
  • 償還実績のあるファンドを選ぶ

「為替ヘッジ」というのは、為替変動に対する保険のようなものです。

ただし、為替変動を100%カバーしてくれるわけではないので、あくまでも保険と考えておいた方が良いです。

また、「為替ヘッジあり」の案件は「為替ヘッジなし」の案件よりも値動きが小さく抑えられてしまう傾向があるので、「リスクを取ってでも大きな利益を出したい」という場合は「為替ヘッジなし」を選んだほうが良いですよ。

それから、クラウドクレジットのファンドは、過去に貸し付けて、返済実績のある相手に再び貸し付ける、ということがよくあります。

少しでも安全に投資するために、「償還実績あり」のファンドに投資するようにしています。

ちょっとリスクがありますが、リターンも大きいクラウドクレジット。

大きなお金を預けるのは少し怖いですが、私はメインではなくサブの投資先として重宝しています。

クラウドクレジットのウェブサイトはコチラです!