【ユーロドルのチャート分析】上に行ったけど、ちょっと弱そう

ユーロドル日足チャート分析2018年9月22日

今週のユーロドルは、底堅い展開でした。

ここしばらくの上限だった1.174を突破し、その後も1.174が下値の抵抗線として機能する展開。

ただし、上値を追う展開とも言えず、1.180では押さえられてしまいました。

先週の記事では、「現状の1.153~1.164~1.174を意識してトレード」と書きました。

1.174が突破された現状、一つ上の抵抗線である1.180、そして1.185が意識されてきそうです。

では、実際にチャートを見ながら、もっと詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

2018年9月22日 ユーロドル日足チャート

ユーロドルの日足チャートは、9月22日現在では以下の通りになっています。

ユーロドル日足チャート2018年9月22日

チャートシステムはXMのMT4(リアル口座)を使用しています

黄色い線が20日移動平均線(SMA)青い線が50日移動平均線(SMA)赤い線が抵抗線です。

先週の金曜日は大きな陰線で終わりました。

ですが、20日移動平均線ではしっかりと下支えされ、さらに、20日移動平均線と50日移動平均線がゴールデンクロスしていました。

週明け月曜日は上昇スタート。

先週、上昇を阻んでいた1.164~1.165が下支えとなって、木曜日には大幅に上昇。

ここ数ヶ月の間、上限として機能していた1.174も上抜きました。

ですが、1.180では上昇は押さえられ、1.175付近で今週は終了しています。

本格的に上昇トレンドに入ったのかはまだ分かりません。

上のチャートの真ん中よりちょっと左のあたりを見ていただければ、今週と同じように1.174を上抜いた後で上値を押さえられ、一気に下落しているのがおわかりいただけると思います。

また同じ展開になるとは限りませんが、ここからさらに上昇するための材料は今のところ特にありませんので、積極的に上値を追っていくのは気を付けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

来週は……

1.180まで到達しましたので、レンジを1.164~1.174~1.180と考えてトレードしていきます。

上昇して1.180を突破した場合は、1.185が上値の目安。

下落して1.164を割った場合は、1.153が下値の目安。

現在は高値圏にあると考えていますので、あまり上値は追わずに行きます。

MT4を使える業者

この記事のチャート分析で使用した世界標準の高機能トレードシステムMT4を使える業者を2社(国外・国内)紹介します。

海外業者XM

    • レバレッジ最大888倍
    • 豊富なボーナス
    • 追証(借金)が発生しないゼロカットシステム

XMの口座開設は少し迷うところがあると思うので、以下の記事で解説しています。

>>XMの口座開設手順を解説した記事はこちら

XMの口座開設方法!【最新】手順をイチから解説します!
XMの口座開設方法を詳細に解説します。XMのリアル口座開設から、3000円ボーナスのもらい方、さらには複数口座の開設方法まで、この記事の手順通りに行って頂ければ迷わず開設できます。ぜひご活用ください。

国内業者JFX

  • 社長が現役のFXトレーダー
  • 国内最狭水準のスプレッド
  • 国内最速水準の約定スピード

 → JFXに今すぐ口座を開設する!

error:Content is protected !!