【ユーロドルのチャート分析】そろそろ上昇?

ユーロドル日足チャート分析2018年9月8日

先週のユーロドルは思ったよりも上がって、想定より一つ上の抵抗線付近まで上昇しました。

今週は、もうここ数ヶ月でお馴染みのレンジ内で動いていました。

結局、よほど大きなニュースでも無い限り、この二週間のレンジに収まるのではないかと思えてきました。

では、実際にチャートを見ながら、もっと詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

2018年9月8日 ユーロドル日足チャート

ユーロドルの日足チャートは、現時点では以下の通りになっています。

ユーロドル日足チャート2018年9月8日

チャートシステムはXMのMT4を使用しています

黄色い線が20日移動平均線(SMA)、青い線が50日移動平均線(SMA)、赤い線が抵抗線です。

月曜日。先週の金曜日に大きく下落していましたが、ここで一旦下げ止まりました。

ですが、火曜日以降は大きく上下する状態が続きます。

結局、今週は木曜日・金曜日に下落。

最終的に、1.155付近で終了しました。

週足で見ると、始値は1.159、最高値は1.166、最安値は1.153、終値は1.155で、陰線でした。

上に貼った日足チャートを見ていただければわかると思いますが、もう6月からずっと、同じような値動きを続けているんですよね。

しっかりと損切り注文を入れた上で、このお馴染みのレンジ内でトレードしていれば、そう簡単に損はしないように思えます。

スポンサーリンク

ファンダメンタル

米中の貿易問題はさらにこじれそうです。

中国のアメリカに対する貿易黒字は前年より増加したそうで。

アメリカが中国に対して制裁を発動したのにこの結果。

トランプ大統領としては面白くないでしょう。

今後もさらに米中貿易問題は悪化していくことが考えられますので、ニュースは注意深く追っていきましょう。

来週は

貿易問題はあるものの、来週はまだ現在のレンジ内で動くのではないかと考えています。

ちなみに、現在のレンジは、1.153~1.164~1.174です。この3つが特に強い抵抗として機能しています。

下に行った場合、1.150が相当硬いので、そう簡単には下振れないでしょう。

むしろ、米中貿易問題の悪化などを受け、今は上がる確率のほうが高くなっているように思えます。

まずは1.164、それを抜けてきたら1.174を意識してトレードしていこうと思っています。

損切り注文は忘れずに。

MT4を使える業者

この記事のチャート分析で使用した世界標準の高機能トレードシステムMT4を使える業者を2社(国外・国内)紹介します。

海外業者XM

    • レバレッジ最大888倍
    • 豊富なボーナス
    • 追証(借金)が発生しないゼロカットシステム

XMの口座開設は少し迷うところがあると思うので、以下の記事で解説しています。

>>XMの口座開設手順を解説した記事はこちら

XMの口座開設方法!手順をイチから解説します!
海外FXでトップレベルの人気を誇る、XM(XM Trading)の口座開設方法を解説します。特にエラーなどが発生しなければ、XMの口座開設の申込みにかかる時間は最短5分程度。 本人確認書類や住所確認書類の提出は、XMに口座を開設した後でも大丈夫です。

国内業者JFX

  • 社長が現役のFXトレーダー
  • 国内最狭水準のスプレッド
  • 国内最速水準の約定スピード

 → JFXに今すぐ口座を開設する!

error:Content is protected !!