【ユーロドルのチャート分析】レンジブレイク?それとも……

ユーロドルチャート分析レンジブレイク?

今週のユーロドルは、米中貿易問題などありましたが、結果的にそれほど大きくは動きませんでした。

ただ、金曜日(7月6日)に米国で雇用統計が発表され、これまで上値を抑えていた1.172抵抗線を上抜いてきました。

このまま上昇トレンドに入るのでしょうか?

それとも、下降して再び1.172を下回ってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

ユーロドルのチャート分析

ユーロドルの日足チャートは、現時点で以下のようになっています。

ユーロドルのチャート2018年7月7日

黄色い線が20日移動平均線(SMA)、青い線が50日移動平均線(SMA)、赤い線が抵抗線です。

今週の前半は、20日移動平均線に上値を押さえられながらも、先週上抜いた1.163に今度は下支えされるという展開でした。

後半に入って、20日移動平均線を明確に上抜き、金曜日に、ここしばらく上値を押さえてきた1.172を上抜いてきました。

一時は1.177付近まで上昇しましたが、上値を押さえられ、今週は、50日移動平均線のある1.174付近で終了しています。

スポンサーリンク

ファンダメンタル

米中・米欧の貿易問題や、相変わらずくすぶり続ける移民問題。

これらが解決するのはまだまだ先のことでしょう。

どの国もそう簡単に妥協するとも思えないので、引き続き警戒が必要です。

来週は……

今週の金曜日、これまで上値を押さえてきた1.172が破られました。

まずは、この1.172で下支えされるかが注目ポイントです。

1.172で下支えされるようなら、今度は1.180や1.185が見えてきます。

1.185は、6月に一度トライして、失敗し、1.185付近から1.156付近まで一日で急落したという過去がありますので、市場参加者も警戒する水準ではないでしょうか?

逆に、もしも1.172を割り込んで下がっていくようであれば、まずは20日移動平均線が意識されるでしょう。

20日移動平均線も下抜くようであれば、再び1.160を下回って来るかもしれません。その場合は、1.153や1.150といった水準まで行く可能性もあるので注意が必要です。

MT4を使える業者

この記事のチャート分析で使用した世界標準の高機能トレードシステムMT4を使える業者を2社(国外・国内)紹介します。

海外業者XM

    • レバレッジ最大888倍
    • 豊富なボーナス
    • 追証(借金)が発生しないゼロカットシステム

XMの口座開設は少し迷うところがあると思うので、以下の記事で解説しています。

XMの口座開設方法!手順をイチから解説します!
海外FXでトップレベルの人気を誇る、XM(XM Trading)の口座開設方法を解説します。特にエラーなどが発生しなければ、XMの口座開設の申込みにかかる時間は最短5分程度。 本人確認書類や住所確認書類の提出は、XMに口座を開設した後でも大丈夫です。

国内業者JFX

  • 社長が現役のFXトレーダー
  • 国内最狭水準のスプレッド
  • 国内最速水準の約定スピード

 → JFXに今すぐ口座を開設する!

error:Content is protected !!